2017年6月30日

ソニーがアナログレコードの国内生産を29年ぶりに再開

アナログレコード●ソニー・ミュージックエンタテインメントが日本国内でのアナログレコードの自社生産を29年ぶりに再開するとか。これまでは東洋化成や海外企業に外注していたのが、今後は自社にアナログレコード用のプレス機を導入して、いずれは外部レーベルからの受注生産も考えているという。レガシーメディアとはいえ、アナログレコードは趣味性の高さで完全に生き残っている。つい最近、ベルリン・フィルもラトルとのベートーヴェン交響曲全集をLPレコード10枚組で発売したばかり。結構なお値段なのだが、なぜかCDよりも高級感が漂っていて、そんなものかと思ってしまう。この調子だとCDのほうがLPよりも先に絶滅するんじゃないだろうか。たとえストリーム配信がどんなに広がろうとも、LPの愛好家には無関係だろうし。
●ところで、ワタシはCDが初めて登場したころの興奮を今でも覚えている。それまでずっとLPレコードには悩まされてきた。いちばん困ったのはスクラッチ・ノイズ。曲のいいところで「プチッ!プチッ!」とか鳴って、せっかく音楽に没入していたのに現実の世界に引き戻されるのが嫌でしょうがなかった。しかも高価だったんすよ、LPレコードは。そのノイズが一過性のものなのか、恒久的な傷のせいなのか、いったん気になるともう音楽なんて聴いてられない。盤面をきれいにするためのいろんなクリーナー類を買ったりしたけど、あんまり本質的な解決に至ってなかった気がする。あと、片面の収録時間が短いから、A面の終わりで楽章の途中でフェイドアウトして、続きを裏返してB面の頭から聴き直すみたいなのも勘弁してくれよって感じだった。そんなときに登場したのがCDだ。
●すごいと思ったね。レコード屋さんに行くと、CDとLPの聴き比べイベントなんかやってて、いかにCDが高音質かをアピールしている。今でも忘れられないのだが、ベルリオーズの幻想交響曲で、同じ録音をLPとCDで聴き比べるっていうのをやってくれたんすよ、近所のレコード屋さんで。もう、これは頭にガツーンと来た。うわ、CD、なんてクリアなサウンドなの! ぜんぜん違う。
●でも今になったら、LPのほうがCDよりも音がいいんだみたいな話になってたりして、あのときの頭ガツーンはなんだったんすかね。レコード屋でみんな呆然としながら幻想交響曲のCDを聴いてたはずなんだけど。記憶の捏造?

2017年6月15日

マリオ・ヴェンツァーゴのシューベルト「完成」

icon●SONYからリリースされているマリオ・ヴェンツァーゴ指揮バーゼル室内管弦楽団によるシューベルトの交響曲第8番「未完成」(ヴェンツァーゴ補筆完成版)を聴いてみた。「未完成」の補筆完成版はこれまでもいくつか録音があって、たとえばNaxosのジョアン・ファレッタ指揮バッファロー・フィルの録音では第4楽章にまさにそのヴェンツァーゴの完成版が使われていた。今回はさらにそれより一歩進めた補筆完成版ということで、ヴェンツァーゴ自身がバーゼル室内管弦楽団を指揮している。一瞬、「第3楽章から聴いちゃおうかな~」と思ってしまうわけだが、ぐっとこらえて頭から聴いてみたのだが、これは演奏が抜群にすばらしいっすね。第1楽章アレグロ・モデラートがきびきびとしている。第1楽章と第2楽章は「緩─緩」ではなく、一般的な4楽章制の交響曲と同様に「急─緩」であると認識を改めさせられる。単にテンポが速いだけではなく、生命力にあふれスリリングな演奏になっているのが大吉。
●で、第3楽章と第4楽章。第3楽章にはシューベルト自身が残したわずかなスケッチが残っているので、これに肉付けをしているのだが、トリオが2つに拡大されていて、スケルツォ─トリオ1─トリオ2─スケルツォの形になっている。第4楽章は従来の補筆版と同じように、「ロザムンデ」間奏曲第1番が活用されている。ロ短調という調性や作曲時期の近さに加えて、この間奏曲には交響曲のフィナーレを飾れるだけのドラマ性があるということなのだろう……と思ったら、ヴェンツァーゴの見解としては、もともと交響曲の第4楽章として書かれた音楽が「ロザムンデ」に転用されたのだとか。独自の工夫もあって、のけぞったのはコーダの直前に「未完成」第1楽章冒頭を一瞬回帰させているところ。これはいい! というかずいぶん控えめな再現で、もっと思い切ってやってくれてもよかったくらい。これで大作交響曲らしくなった。
●この種の未完の作に対しては、いろんな立場がありうると思うけど、個人的には「復元」じゃなくて、「外挿」を期待したいところ。つまりもともと完成した作品があってそれが失われたのなら資料に基づく忠実な復元をしてほしいが、もとからないものだったら「復元」など端からありえないわけで、補筆者の創意は大歓迎。なんならシューベルトが残した第3楽章のスケルツォ主題も使わなくてもいいんじゃないかな、なんだか前の2楽章に比べるとパッとしないし。事実、ボツ素材でもあるわけで。
●ところで完成されたバージョンのこの曲はなんと呼べばいいのか。交響曲第8番「完成」か。あるいは「既完成」か。アルバムのジャケットには The Finished "Unfinished" と記されている。
icon

2017年5月 2日

アルベニスとマーリンとワーグナーと

●なんとなくすでに連休モードに入ったような気配も感じられるが、暦通りだと明日から5連休。東京はLFJが4日から6日までの開催なので、前後にお休みが一日あるという珍しいパターン。
●LFJ関連で少し予習しておきたいことがあってNaxos Music Libraryにアクセスしたら、たまたまアルベニスのオペラ「マーリン」の録音を見つけた。DECCAの録音でプラシド・ドミンゴほかのキャスト、ホセ・デ・エウゼビオ指揮マドリード交響楽団の演奏。えっ、こんな録音がデッカにあったんだ。っていうか、こんな作品がアルベニスにあったとは。アルベニスといえばなんといっても組曲「イベリア」。ピアノ曲の作曲家だという印象が強かったが、実はいくつもオペラを書いていた模様。で、この「マーリン」だが、ググってみるとやはり大魔術師マーリンのことなんだとか。台本の日本語訳があるなら読んでみたいが、まあ、ないか。
●ちらっと聴いてみると、「イベリア」と同一人物の作品とは思えないくらい手触りは違っていて、かなりのところワーグナー風。土台として潔いくらいに堂々とワーグナーがあって、そこにドビュッシーというか印象主義風味少々で、ところどころスペインの香りが漂ってくるような不思議テイスト。作曲は1902年のようで、「マーリン」「ランスロット」「ギネヴィア」からなる「アーサー王伝説」三部作の一作として構想されるも計画は頓挫してしまい、結局「マーリン」が完全な舞台上演として初演されたのは2003年になってからなんだとか。このドミンゴが歌ってる録音は1999年なので、録音のほうが舞台初演より先に実現したオペラということになる。台本は英語。
●三部作のオペラということだけでもワーグナー的というか「指環」を思わずにはいられないが、この「マーリン」は冒頭からして「ラインの黄金」インスパイアドって感じがありあり。こんなにアルベニスがワグネリアンだったとは。アーサー王伝説という題材もワーグナーとつながっている。整理しておくと、アーサー王のおかかえ魔術師がマーリンで、円卓の騎士にランスロットやトリスタン、パーシヴァル(パルジファル)がいて、パーシヴァルの息子がローエングリン(で、いいんだっけ)。もしアルベニスの三部作が完成していたら、ワーグナーと並んで人気を博していたかも。
--------
●当ブログの更新スケジュールは暦通りで。次回は8日の予定。

2017年4月27日

CDのソフトケース詰め替え大作戦 その5

●さて、しばらく前にスタートしたCDのソフトケース詰め替え大作戦(その1その2その3その4)。「詰め替えても差し障りの少なさそうなもののみを詰め替える」という方針で、現状、1000枚強を詰め替えるところまで来た。ソフトケースに詰め替えるとだいたい半分くらいの厚みになるので、ざっくり500枚分程度の空きが棚にできたわけである。そこに床やら机やらに積みあがっていたCDを収めて、なんとか部屋を片付けようとしている……というか、こうやって捻出した空きスペースはあっという間にほぼ埋まった。まだ十分に整理しきれていないCDもあるが、ともあれかなりの程度、部屋が片付いたので達成感はある。
●で、ソフトケースは、コクヨのメディアパスを中心としつつ、2枚組用にはエレコムの「省スペースディスクケース CD2枚収納」を使った。最近の2枚組は薄型ケースが使われているので詰め替える必要はないが、古いディスクだと4枚組と共用可能なムダに分厚いケースが使われているので、そちらを重点的に詰め替えると効率がいい。
●それで、途中から気がついたのだが、この2枚組用ケースに3枚組を詰め替えることも可能なのではないか。本来2枚を収納する前提のケースだが、1枚収納した裏側にもう一枚収めてしまえば3枚入る。実際に3枚組をこの2枚組用ケースに収納するとどうなったかというのがこちら(左:使用前、右:使用後)。3枚組×5セットを詰め替えてみた。想定より1枚余計に入れている分だけ厚みが出るが、それでもおおよそ半分の収納スペースで済む。すっきり。

2017年4月 4日

定額制音楽配信のシェア1位はAmazonのPrime Music!?

●インプレス総合研究所による定額制音楽配信サービスの利用実態の調査結果が発表されていて、興味深く読んだ。「Spotify参入で定額制サービスに混戦の兆し、利用率は増加」(ケータイ Watch)。調査対象はスマホユーザー約2万2千人となかなか大規模。いま定額制音楽配信サービスってこれくらい使われているんだ―という実感を得られる。
●まずは利用率。「現在利用している」が11.9%で、「過去に使用したことがある」は18.3%。11.9%という数字は低いのか、案外高いのか。9人にひとり。最初は「なんだ、低いなあ」と思ったが、よくよく考えてみると毎月お金を払って契約している人の数なんだから健闘してるのかも。むしろ現在使っている人より、過去に使っていた人のほうが多いというのはどうなんでしょ。つまり、一時は定額制音楽配信サービスと契約してみたものの、やっぱりYouTubeとかで無料で聴けるから要らないや……と思った人がたくさんいるということだろうか? サービスごとのシェアでもAmazonのPrime Musicが1位になっているというのは、要はこれがプライム会員向けサービスの一部になっていて「オマケで付いてくるもの」だからなんだろう。定額制音楽サービス利用者の中で、Prime Musicをメインで利用している人は40.6%もいる。そう考えると、先の「現在利用している」11.9%が少し頼りなく見えてくる。
●少し不思議だと思ったのは、性別ごとの利用傾向。男性は10代だろうが60代だろうが、利用率は驚くほど変わらない。どの年代でも14%前後が定額制音楽配信を使っている。IT系のサービスで、こんなに若者でも年配者でも利用率が変わらないものはなかなかないのでは? 一方、女性は世代別の傾向が明らかで、若い世代ほど使い、年配層ほど使わない。60代ではわずか4.8%。ただ、もっとも使う10代でも12.3%であって、実はこれは男性の60代よりも低い。若い女性より60代男性のほうが定額制音楽配信を使っているのだ。
●性別による違いは利用するサービスでも顕著で、女性はPrime Musicの次にLINE MUSICの人気が高いのだが、男性にはLINE MUSICの人気はもうひとつ。男性でのPrime Musicに続く二番手は、若い世代がSpotify、40代以上はApple Music。後発のSpotifyがかなりがんばっている。一方、Google Play Musicは苦戦しているようだ。これはわかるような気がする。dヒッツやAWAなど国産サービスの名前も入っているには入っている。
●不満点の1位は「好きなアーティストの曲が配信されていない」が43.5%、2位が「楽曲数が少ない」で27.8%。一瞬、「ん?」と思うが、最多ユーザーがAmazonのPrime Musicであることを思い出せば納得がいく。主要サービスが3000~4000万曲以上を配信するのに対し、Prime Musicは100万曲以上と桁違いに少ない(ヒット曲もほかのサービスより少ない)。Prime Musicに対する不満がそのまま全体の調査結果に反映されてしまったのでは。不満の3位が「毎回パケット通信量がかかる」という、あまり意味のないものなので、むしろこの結果はユーザーの不満の少なさを反映しているとワタシは解釈した。
●ワタシが抱いている不満は「個々の音源に対するメタデータの不備」が筆頭なんだけど、そんなことを言ってる人は見当たらない。あ、「その他」に該当するのか。

2017年3月 8日

CDのソフトケース詰め替え大作戦 その4

●さらに続く、この話題(その1その2その3)。当サイトのfacebookページのコメント欄で、ワタシなんぞのCDのソフトケース詰め替え大作戦より、さらにラディカルな収納方式をいくつか教えていただいた(感謝)。なかでも「なるほど!」と思わされたのは、CD-R用の不織布ケースを使う作戦と、角形7号封筒を使う作戦。どちらも背中は見えなくなるので割り切りが必要だが、見えない場所に収納してしまう前提ならこれは妙案では。インデックスをはさむなど工夫次第である程度検索性も保てるかもしれない。そして格段に安価。
●で、試しにPC用品として販売されているサンワサプライ DVD・CD不織布ケースをゲットしてみた。これは両面収納タイプになっているのだが、音楽CDを詰め替える場合は片面にディスクと背ジャケット、もう片面にブックレットと帯を入れるのがよさそう。あるいはどうせ背中で探せないんだから、片面にディスク、片面にその他一式でもいいか。ディスクが飛び出ないように両端にささやかなストッパーが付いているのだが、これがあると紙類がやや入れづらいのが惜しい。といっても、1枚当たりの詰め替え作業時間はコクヨのメディアパスなんかと変わらないかな。そして、なにより薄い。猛烈に薄い。1/2どころか1/3になるんじゃないのか。最強の収納効率。実勢価格は1枚あたり6円弱。メディアパスの1/4くらいで済む。
●もうすでにCDソフトケース詰め替え作業はだいぶ進行しているんだけど、ラックに棚刺しにせずケースとか箱に収納する一部のディスクについては、この不織布ケースを使ってみようかな♪(←あえて楽しげに)

2017年3月 3日

CDのソフトケース詰め替え大作戦 その3

●(その1その2から続く)さて、CDをソフトケースに詰め替えると決断したら、次に悩むのはどのソフトケースを使うか。あちこちのサイトを調べまくって、先日ご紹介したコクヨのメディアパスを採用することにした。何度か細かな改良を重ねて商品として完成度が高くなっているようだし、コクヨなのであちこちで取り扱いがあるのも吉。amazonやヨドバシカメラ等々、通販で頼めばすぐに届く。しかも100枚入りのパックを買えば比較的安価(この種のものは10枚入りとか50枚入りをちまちま買っていると高くつく)。特に大量導入する場合、コストの問題は大きい。
●ほかにタワレコスマートケースという選択肢もある。最初、120枚入りが最大サイズだと思っていて、それだと1枚あたり30円くらいでコストの面でどうかなと思って見送ってしまったんだけど、後で気がついたらドカーンと500枚入りっていう商品もあった。こちらだと1枚あたり20円で劇的に安くなる。リンク先に映像で収納方法の説明があるが、コクヨとは方式が違って少し独特な感じ。これはこれで工夫されているのかな。
●で、ここでもう一種類ご紹介したいのは伏兵、エレコムの省スペースディスクケース。これはコクヨと同じ収納方式が採用されていて、材質が少し違う。端的に言えば、コクヨのメディアパスの同等品で、価格が安い。1パック30枚入りという少なさにもかかわらず、1枚あたり実勢価格で21円。コクヨが100枚入りで買っても26~27円なので、ずいぶんがんばっている。そこで、ワタシはコクヨと並んでこのエレコムも何百枚か試してみたのだが、悪くはない。ただ、コクヨに比べると表面がつるつるしていて、摩擦が少ないんすよね。重ねて積むとすぐ崩れる。別に重ねて積むものじゃないんだからそんなことはどうでもいいといえばいいのだが、コクヨのほうが微妙に質がいい。質というのは、いいかえれば、詰め替え作業の楽しさ。より楽しいのがコクヨ、より安いのがエレコム。あとは、ディスクを詰めやすいのはコクヨ、ブックレット等の紙を詰めやすいのはエレコムって気もする。この辺は好みの問題か。
●あとは価格だ。ここで紹介している市販品のCDソフトケースって、1枚あたり20円から30円くらいするじゃないすか。もっと単純なビニール袋だったら1枚数円で済むはずだと思うと、これってかなり高価ではあるんすよ。たとえば25円だとすると、100枚なら2,500円で済むけど、1000枚だったら25,000円なわけだ。それってけっこう立派な棚が買えるじゃん! いや、その棚を置けないから袋を買ってるわけだけど。で、もっと怖いことをいうと、(ワタシはそんなに買わないが)もし4000枚買ったら10万円になるってことなんすよ! ただのビニール袋みたいなものに10万円出すって、頭がどうかしてるんじゃないか。そう思うのが普通人の感覚だ。でもそれをいうなら、そんな大量のCDを買い込んでいる時点ですでにどうかしてる
●で、そこは考え方だ。このお値段は、袋の値段じゃない。そうじゃなくて、これは空間の値段。袋を買っているようでいて、本当は広さを買っている。広さほど高価なものはない……かもしれない。 (つづく

2017年3月 2日

CDのソフトケース詰め替え大作戦 その2

●(承前)やっぱり、この話題、反響がある! なので、続きを。
●CDをプラケースからソフトケースに詰め替える際に、いちばん引っかかるのは棚に並べたときに背タイトルが読めないんじゃないかという心配だと思う。実際にどうなるか、写真で見てみよう。ソフトケースに詰め替えた状態で棚にさした場合は、真正面から見てもなにがなんだかわからない。特に棚の左側から眺めると、ソフトケースの裏面を目にすることになるので、左上の写真のようになにがどうなってるんだか、さっぱりだ(一番手前側は比較のためにプラケースのまま)。
cd_softcase_right.jpg●ところが、棚の右側から見れば、この通り。右の写真はさきほどの写真と同じ場所を写したものだが、どこになにが入っているか、明確に読める。これはバッハの鍵盤楽器曲を収めた一角なのだが、こんな小さな写真でも一枚一枚どのタイトルが入っているか、わかってしまいそうだ。帯のある国内盤は格段に読みやすいが、輸入盤だって十分に読める。……えっ、右側から見ても読めない!? あ、そうかぁ、そうだよなあ~、他人のCD棚なんてそんなもんだ。でも、これが自分の棚なら問題なく読めるんすよ。だって、過去に自分が欲しいと思ったCDばかりなんだから。それにレーベルがわかれば、ある程度はあたりがつくわけだし。左から見ても読めないが、右から見れば読める。だから大丈夫。最後は愛の力で読める! そもそも音は(おおむね)ストリーミングで聴けるんだから、現物が必要となる頻度は主にブックレットを見返したいとか、ジャケットを眺めて所有欲が満たされたというラブリーな気分に浸りたいときに限られているんだから、これくらいで問題ない……きっと。
●で、CDのなかには2枚組や3枚組、あるいはボックスセットなど、詰め替えられないCDもある(分厚いタイプの2枚組は2枚組専用のソフトケースに移し替えてもいいが、昨今主流の薄型2枚組は十分効率化されている)。そういう詰め替えられないタイプのCDが、棚のなかでうまく「見出し」の役割を果たしてくれるので、「あ、ここからはバッハだな、ここからはヘンデルだ」みたいに棚の作曲家地図は一瞥してわかる。ただし、ほんの1、2枚しか持っていないような作曲家のCDをソフトケースに詰めてしまうと、どこに行ってしまったのか見失ってしまうので(というか存在そのものを忘れかねないので)、ある程度まとまった分量の枚数を持つ作曲家なりアーティストなりのCDのみを詰め替える、という方針でひとまず進めるのがいいんじゃないだろうか。
●次回は、各社から出ているソフトケースのどれがいいのか問題について。(つづく

CLASSICA [HOME]