ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
March 24, 2017

UEA代表対ニッポン代表@ワールドカップ2018最終予選

UAE●最終予選はここからが後半戦。まずは難敵UAEとアウェイで戦う。思い出したくもないが、ホームでの初戦でわけのわからない判定が相次いで、1-2で敗れてしまった相手。おかげでグループBが大混戦となり、ニッポンは難しい戦いが続くことになっている。で、ニッポンはこの重要な一戦に不動のキャプテン長谷部を欠くことになってしまった(所属フランクフルトではリベロのようなポジションで新境地を開いたりと絶対的なレギュラー選手。しかし膝の手術を敢行するとか)。ハリルホジッチ監督は意外なスタメンをそろえてきた。一言でいえばベテラン頼み。
●GK:川島-DF:酒井宏樹、吉田、森重、長友-MF:山口、今野、香川(→倉田秋)-FW:久保(→本田)、原口-大迫(→岡崎)。びっくりしたのは2年ぶりに代表に呼ばれた34歳今野の復帰。長谷部の代役に収まった。キーパーの川島も予想外。所属のメスでは第3キーパーの扱いと聞いていたけど。試合にはまったく出ていないはず。西川は相当に悔しいのでは。長友もインテルではたまにしか出番が巡ってこない状況ながら、ハンブルガーSVでキャプテンを務める酒井高徳をベンチに追いやった。一方、岡崎と本田はベンチ。ベルギーで絶好調の久保が先発するのは納得。トップに入った大迫も今やケルンで不可欠の選手になっている。
●UAEには絶対的なエース、オマル・アブドゥルラフマンがいる。ほとんどフリーポジションみたいな特権を持ったプレイメーカー。ボールを触りたいタイプで、躊躇なく自陣にまで戻ってくる。現代サッカーでは希少種となった一人でやるタイプだが、ボール扱いのうまさは抜群で、巧みにキープしながらキラーパスを狙う。こちら側から見るとこの選手はもっとゴールの近くにいたほうが怖いのだけど、すぐに下がってしまう。なので、オマル・アブドゥルラフマンに守備をさせるという展開が狙いとしてあったと思う。守りはほとんどアリバイ守備だし。実際、オマル・アブドゥルラフマン対策はかなり成功していたのでは。前半は厄介だったが、後半途中からはほぼ消えていた。
●懸案の審判はウズベキスタンのセット。フェアな笛で安堵。前半14分、右サイドをあがった酒井宏樹から、ディフェンスラインの裏に走り込んだ久保へパス。浅い角度だったが久保はダイレクトにシュートを放ち、これが見事に決まった。祝、代表初ゴール。ベルギーのヘントでゴール量産中の久保だが、判断の速さが印象的。あのコースを瞬時に狙えるのはすごい。ほかのプレイでも視野が広い感じ。ニッポンは珍しく早い時間帯に先制できた。
●前半20分にはマブフートが川島と一対一のシュートチャンス。これを川島が足で防ぐスーパーセーブ。決まっていれば展開が違っていた。タイトな展開が続いて前半はニッポンが1点のリードで折り返す。UAEはこの試合のために、わざわざピッチの両サイドを縮めて、通常より4m狭いフィールドを用意してきた。スペースがなければニッポンに不利と読んだわけだが、先に失点してしまうとかえって困る面もあるのでは。基本、スペースが少ないほど、点は入りにくい。
●この日は大迫のポストプレイのうまさが際立っていた。ドイツではまったく高いとはいえないはずだが、それでも前線でボールを収めるのが大迫の巧みさ。この日もどれだけ後ろの選手を助けてくれたことか。後半7分、その大迫が頭でボールを落とし、受けた久保が右サイドからファーにクロス。そこになぜか今野が走り込んでいて、てっきり中央に折り返すのかと思ったら、自分でトラップしてシュートを決めてしまった。まさか今野が守備のみならず攻撃でも活躍するとは。2対0。
●ここから試合は中盤が間延びして、雑な展開に。お互い運動量がぐっと落ちてしまい、狭いはずのピッチにスペースができる。香川を倉田に、足をつって動けない久保を本田に交代。暑さと疲労で苦しい時間帯が続いたが、相手も疲れで集中力が落ちていく(中東勢相手によく見る展開)。後半37分、大迫が負傷退場して岡崎と交代。所属のレスターでは昨季とは打って変わって困難な状況が続くものの、監督交代以降は出場機会を取り戻しつつある岡崎。コンディションはよさそうだが、せっかくやってきた決定機を決めきれない。近年の岡崎は献身性とひきかえに決定力が後退している感も。
●意外だが、高さではニッポンに分があった。今や中東勢相手でもそんなふうになるんだ。おかげで終盤につまらないパワープレイを受けずに済んだのは吉。しっかりと2対0で勝ち切った。ベテラン抜擢の策からオマル・アブドゥルラフマン対策まで、すべてが狙い通りに運べて、ハリルホジッチ監督はご機嫌では。完璧。
●ライバルたちだが、サウジアラビアはアウェイのタイ戦に完勝する一方、オーストラリアはアウェイのイラク戦に引き分け。これでグループBはサウジが1位、同じ勝点でニッポンが2位、勝点3の差でオーストラリアが3位。少しオーストラリアが引き離されつつある。ニッポンは28日にホームでタイ戦を迎える。その後はアウェイのイラク戦、ホームのオーストラリア戦、アウェイのサウジアラビア戦という厳しい試合が続く。
●反対側のグループAでは韓国がアウェイで中国に敗れるという番狂わせがあった。イランが頭一つ抜けて1位を走っている。

March 23, 2017

井上道義指揮オーケストラ・アンサンブル金沢のバルトーク&モーツァルト

●21日は東京オペラシティで井上道義指揮オーケストラ・アンサンブル金沢。前半にダニイル・グリシンの独奏でバルトークのヴィオラ協奏曲、後半にオーケストラ・アンサンブル金沢合唱団が加わってモーツァルトのレクイエム。独唱は半田美和子、福原寿美枝、笛田博昭、ジョン・ハオ。前半のバルトークでは、OEKでは首席奏者としておなじみ、クレメラータ・バルティカで首席奏者としても活躍したダニイル・グリシンが圧巻のソロ。純然たるソリストとして聴いたことは今まであったっけ? すごい音が出てくる。強靭。後半は金沢からやってきた合唱団が熱演。魂のモーツァルト。3月11日の金沢公演でもふたりの作曲家の遺作が並べられた同じプログラムが演奏されていて、哀悼の意を込めた選曲ではあるはずだが、レクイエムを終えたマエストロの挨拶では「遺作をふたつ並べましたが、特に意味はありません。みんな、生きてます」。
●バルトークのヴィオラ協奏曲もモーツァルトのレクイエムも遺作であると同時に、他人の補筆完成版によって演奏されざるを得ない作品でもある。よく使用される補筆完成版に対してさまざまが議論があり、別の補筆が行われるという状況も似ている。バルトークは一般的なシェルイ版、モーツァルトはバイヤー版が用いられていた。バルトークで補筆をしたシェルイって、もっぱら補筆者として名前を聞くけど、この人自身も作曲家なんすよね。しかもバルトークの補筆をする前に、自身の作品としてヴィオラ協奏曲を書いている。このシェルイのヴィオラ協奏曲を録音で聴いてみると、なんだかバルトークとの親近性が感じられるのがおもしろいところ。たまたまなので、宣伝しておくと、拙ナビによるFM PORT「クラシックホワイエ」の今週末の放送(土曜夜10時~)で、バルトークのヴィオラ協奏曲(シェルイ版)を流して、おまけにシェルイのヴィオラ協奏曲の第1楽章後半抜粋をかけている。ラジコプレミアム利用者は全国から聴取可、新潟県内からは電波でも受信可。えっ、そんな「たまたま」がありうるわけ? あるのです……。
●今日の深夜はニッポン代表のW杯予選もあるのだが、時間帯が遅すぎるので生は断念。朝に録画観戦するので、厳重に結果バレ禁で臨みたい。

March 22, 2017

インバル指揮ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団

●21日は東京芸術劇場でエリアフ・インバル指揮ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団。旧称はベルリン交響楽団。2006年からこの名称に変わっている。1952年、旧東独に設立された楽団だが、現在のサウンドはとても輝かしくて、すっかり垢抜けている感じ。重厚さと機能性、壮麗さを兼ね備えたすばらしいオーケストラだと実感。インバルが首席指揮者を務めていたのは2001年から05年までとけっこう前の話なんだけど、そうとは思えないくらい指揮者とオーケストラとの間に緊密さを感じる。コンサートマスターは日下紗矢子さん。
●プログラムはメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲(五嶋龍独奏)とマーラーの交響曲第1番「巨人」。前半は五嶋龍さんの持ち味が存分に発揮されたメンデルスゾーン。冒頭主題からとても情感豊かで豊麗。芯の強い潤いのある音色、雄弁な感情表現、ここぞというところでぐっと「見得を切る」かのような思い切りのよさが魅力。鮮やかなソロに場内は喝采。カーテンコールでヴァイオリニストが楽器を持たずに出てくる光景は、パリ管弦楽団でのジョシュア・ベルでも見たっけ。アンコールがないってはっきりしていて吉。メンデルスゾーンで充足。
●後半のマーラー「巨人」はインバル得意のレパートリー。「自家薬籠中の物」とはまさにこのことかというくらい、綿密に設計された壮絶なスペクタクル。ディテールまで練りに練って、仕上げ磨きをなんども繰り返したであろう解釈なんだろうけど、ルーティーンを聴かされている感は皆無。第1楽章と第2楽章をほとんどアタッカでつなげて演奏するのが、なんだか前半のメンデルスゾーンと相似形をなすようでおもしろい。第4楽章の激情の奔流はスリリングだが、過度に咆哮せず、絢爛たるクライマックスへ。最後にホルンは立奏。まろやかで深みのある音色に聴きほれてしまう。
●アンコールなしで終演。オーケストラが退出した後、いったん拍手は止みかけたもののパラパラと途切れることなく続き、次第にふたたび勢いを増して、インバルのソロ・カーテンコールへ。そうこなくては。

March 21, 2017

小泉和裕指揮名古屋フィル東京特別公演

●20日は東京オペラシティで小泉和裕指揮名古屋フィル。同楽団創立50周年を記念しての特別公演で、曲目はブルックナーの交響曲第8番。小泉和裕音楽監督時代になってから、初めて名フィルを聴くことができた。名フィルはマーティン・ブラビンス常任指揮者時代に2度ほど名古屋で聴く機会に恵まれ(うーんと太古の昔に遡ると外山雄三時代にたくさん聴いているんだけど)、近年の充実ぶりは承知している。ただ、ティエリー・フィッシャー、ブラビンスという流れからすると、大きく方向転換したなという印象。
●で、ブルックナー。ここ数年、意識的にいろんな楽団のブルックナーをたくさん聴くようにしてきて、自分内テーマとしては、音の大伽藍じゃないブルックナー、多様で色とりどりのブルックナー、最新モデルのピカピカのブルックナーを追い求める旅みたいな気持ちで楽しんでいたんだけど、一周回って本格派の一本筋の通ったブルックナーに再会したという気分。精悍で推進力に富み、厳かな正調ブルックナー。
●開演前のロビー室内楽は名古屋でもやってたっけ。お得感。場内アナウンスとプログラムに挟まれた紙で、この日の使用楽譜がノヴァーク版からハース版に変更されるという案内あり。このパターンはたまにある。同じ交響曲なのに、版の違いがここまでクローズアップされるというのはブルックナーにとっての幸福なのか、不幸なのか。しかし第1稿ノヴァーク版とか第2稿ハース版とか第2稿ノヴァーク版とか、旧全集だとか新全集だとかいろんな稿やら版やら呼び方やらがあって、その複雑さだけでもブルックナーにひるんでしまう人も多いんじゃないだろうか。バージョン管理をもっとシンプルで明快な方法でやり直すことはできないものか。Windows 8.1とかiTunes 12.5.5みたいな感じで、Bruckner 8.2.2(=第8番の第2稿の2番目の版)とか。差分ファイルでバージョンアップできる的ななにか。
----------
●お知らせをひとつ。NBSのサイトでバイエルン国立歌劇場日本公演に向けて「オペラへの招待」というシリーズ記事(全4回くらい?)を始めたのでご笑覧いただければ。第1回はおとなしくスタートして、第2回以降はくだけたテイストになる予定。

March 17, 2017

「天界の眼 切れ者キューゲルの冒険」 (ジャック・ヴァンス・トレジャリー/国書刊行会)

●先日ご紹介した「宇宙探偵マグナス・リドルフ」「奇跡なす者たち」に続いて、国書刊行会から刊行されているジャック・ヴァンスをもう一冊。これが最新刊かと思うが、「天界の眼 切れ者キューゲルの冒険」を読んだ。いやー、これは痛快! 自称切れ者のキューゲルを主人としたピカレスク・ロマン。ろくでもないお調子者であり憎めない小悪党であるキューゲルが、行く先々で騒動を巻き起こす。楽しさという点ではヴァンスのなかでもピカイチでは。
●舞台はヴァンスお得意の「科学が衰退し魔法が効力を持った遠未来の地球」。この一冊だけに関して言えば、特にそういう背景設定がなくても、単純に魔法世界のファンタジーとして成立している気もする。連作短篇集の形をとっており、ひとつひとつのストーリーは完結しているが、全体としては旅と復讐の物語。「宇宙探偵マグナス・リドルフ」でもそうだったんだけど、ヴァンスってイジワルな話が好きなんすよね。登場するのは、笑う魔術師、食屍鬼、ネズミ人間、絶世の美女、巡礼者たち。華麗な異世界描写と底意地の悪いユーモアはヴァンスならでは。幕切れの鮮やかさにも舌を巻く。そこそこ出来不出来のある作家だと思っていたが、この一冊に関して言えば、ぜんぶ傑作なんじゃないかな。
●キューゲルものの短篇はほかにもいくつも書かれているようだが、いずれ翻訳されることはあるのだろうか。ぜひ読みたい。過去に刊行されていたヴァンスの主要諸作品も多くは絶版状態のようだし、新訳で復活してくれないものか。まあ、昨今の出版事情的には難しいだろうけど、この渇望感をどう満たせばいいのやら。

March 16, 2017

ヴィヴァルディとヴァーグナー

ヴィヴァルディ●先日ここで軽く触れたVivaldiブラウザーだが、日経BPのサイトに特集記事を発見→日本で「生産性が上がる新型ブラウザー」がひそかに人気。標準ブラウザが簡潔化していく流れのなかで、その反対の自由にカスタマイズできるブラウザーを作ろうという発想で設計されたとか。アクティブ・ユーザーがいちばん多いのが日本というのが意外だった。しかし記事中では「ヴィヴァルディ」ではなく、新聞みたいに「ビバルディ」表記なのであった。
●最近、ドイツのブンデスリーガでホッフェンハイム所属の大型ストライカー、ヴァーグナー選手が大活躍しているのであるが、この選手の新聞表記はどうなっているのだろう。バーグナー? それともワーグナー?

March 15, 2017

新国立劇場「ルチア」

●14日は新国立劇場「ルチア」新制作、初日へ。さすがに力の入ったプロダクションで、歌、オーケストラ、舞台美術、すべてがひたすら美しい「ルチア」。オルガ・ペレチャッコ=マリオッティのルチアも期待通りのすばらしさだが、アルトゥール・ルチンスキー(エンリーコ)とイスマエル・ジョルディ(エドガルド)の男性陣も遜色ない。イスマエル・ジョルディの甘く軽やかな声はこの役にぴったり。指揮のジャンパオロ・ビザンティは東フィルから角の取れた柔らかで端麗なサウンドを引き出して、決して力まず吼えず。歌手にやさしい。
●演出はジャン=ルイ・グリンダ。先日の会見で演出コンセプトとしてロマン主義、すなわち自然に対する畏怖の念を挙げていたが、舞台美術も絵画的で格調高い。というか、ちゃんと場面が転換してくれるということが吉。異なる場面をセットを変えずに表現する節約感(自分内用語でバリューセット)に耐えなくて済むという時点でうれしい。まだこれから公演が続くので、ネタバレは避けておくけど、いくつか目立つ独自性もあり。ルチアの着替えや、幕切れの一工夫は効果的なのでは。「狂乱の場」、ペレチャッコは過度に鬼気迫るふうではなく、むしろ清澄なくらいなのが吉。グラス・ハーモニカ(ヴェロフォン)は終演後にもピット内で喝采を受けていた。
●で、作品だ。ドニゼッティの「ルチア」って、本当にオペラ的なオペラというか、オペラのお約束に深く立脚した作品で、自分のような「オペラは見たままに理解しよう」派からはなかなか手強い相手。なにより、ルチアはなぜ死んだのか。どうしてみんなも「この人はもうすぐ死ぬよ」って了解できるのか。それがわからない。狂ったのはいいとして、医学的に死因はなんなの? あんたが死ぬからエドガルドまで。みんなそんなホイホイと死ぬなとオペラの登場人物全般に対して言いたい。で、それでもここのところで自分なりに筋の通った答えを用意するなら、「幽霊に憑かれたから」なのかな、と解している。これって幽霊譚なんすよね。幽霊に憑かれて絶命するのは、ヘンリー・ジェイムズ「ねじの回転」からスティーヴン・キング「シャイニング」に至るまでの伝統だし。ルチアはすでに第1幕で亡霊を見たって語っているので、もうこの時点で憑かれているのかも。ウォルター・スコットの原作を日本語で読むことはできないのだろうか。

March 14, 2017

久保裕也の4人抜きゴールとJ2の神々

●いろいろあった週末のサッカー界だが、なんといっても筆頭に挙げられるべきはベルギー1部のヘントで活躍する久保裕也の4人抜きゴール。絶好調ゴール量産中。4人に囲まれながらのダブルタッチは神。

●で、久保のゴールも神だが、J2にも神々が降臨。DAZNが各試合5分程度のしっかりしたハイライトを配信してくれるおかげで、次々と名シーンを見れるのがありがたい。まずは横浜FCvs群馬でカズが史上初の50歳(!)ゴールを挙げた。これが決勝点となって横浜FCが勝利。もちろん、自身の最年長得点記録を更新。カズダンスも披露。いったいこのカズダンスは何十年前から踊られているのか。もはや日本サッカー界のいにしえの踊り。
●このゴールはイバのシュートのこぼれ球を押し込んだもの。実はその少し前の左サイドからクロスボールを入れるシーンがさらにスゴかった。群馬の6番と一対一の勝負になって、カズは得意のまたぎフェイントで勝負したんすよ。これが! 全盛期を知るだけにまるでスローモーションのようななまくらフェイント。もちろん相手はまったく反応してくれない。でもそこから縦に抜けようとする姿勢に入って、すぐさま微妙なフェイントで相手のタイミングを外してきれいに中央にクロスを入れてしまった。またぎフェイントはその先の一手まで見越した狡猾なワナなんすよね。いくらカズが史上最強の50歳だといっても、スピードもパワーも体のキレもJ2の若いアスリートたちにかなうはずがない。前の試合の映像を少し見たけど、やっぱり前線で孤立してる時間は長い。そして、後ろの選手たちはカズではなくイバにボールを出す。でもその現実を前提として受け入れたうえで、通用するプレイを丹念に探し出しているから、クロスも入れられるし、ゴールも決められるのだろう。ファンにとっての夢は、選手にとってのリアリズム。
●熊本対山形の試合では、試合終了直前のアディショナルタイムに、熊本のゴールキーパー佐藤昭大に劇的な同点ゴール。コーナーキックに後方からキーパーが上がってくる捨て身の攻撃シーンはたまに見かけるが、本当にゴールが決まることはめったにない。ニアできれいに合わせた。それにしても熊本の試合会場が「えがお健康スタジアム」(旧うまスタ)という名前になっていて驚く。
●もう一つ珍しいシーン。岐阜vs松本山雅では両チームのユニの色が似すぎていて混乱が生じるという恐ろしい展開に。序盤から相手にパスを出してしまう珍プレイが続いて、たまりかねて選手たちが主審に相談。岐阜が緑、松本山雅はグレーのユニだったのだが、芝がちょうどその中間のような色調で、デイゲームだとなにがなんだかわからない。主審と両チーム関係者協議をするものの、どちらも替えのユニを持たず。結局、ホームの岐阜の関係者が事務所まで替えのユニを取りに行くことになり、前半はそのまま続行して(わわ)、後半から岐阜が白のシャツに着替えて登場した。もちろん試合前にJリーグ側がユニの色を確認しているはずだが、明るい室内で見て問題はなくても、太陽光のもとピッチ上で見ればそっくりということもあるんだろう。グレーのシャツは要注意って気がする。

facebook / twitter

Twitter

過去記事一覧

過去記事見出し一覧はアーカイブに。

月別 アーカイブ(まとめ読みに)

制作者

飯尾洋一(Yoichi Iio)

このサイトについて/プロフィール
since 1995.

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。

MyBlogList

shortcut

CLASSICA [HOME]
home
links
side_b