December 13, 2019

パブロ・エラス・カサド指揮N響の「冬の日の幻想」

●12日はサントリーホールでパブロ・エラス・カサド指揮N響。エラス・カサドはスペイン生まれの42歳で、今回がN響定期デビュー。プログラムが少しおもしろくて、リムスキー・コルサコフの「スペイン奇想曲」、リストのピアノ協奏曲第1番(ダニエル・ハリトーノフ)、チャイコフスキーの交響曲第1番「冬の日の幻想」。スペイン人指揮者がリムスキー・コルサコフの「スペイン奇想曲」を演奏するのはよくあるとして、そこからスペイン音楽ではなくロシアつながりで「冬の日の幻想」が来るとは。指揮棒を使わずに指揮。
●冒頭の「スペイン奇想曲」から驚くほど鮮明で華やかなサウンド。続く曲でもいつものN響とは少しテイストが違っていて、とても明るい響きが印象的。強奏時でも響きのバランスが保てれていて、歯切れよく爽快。チャイコフスキーの「冬の日の幻想」は土臭くなく、洗練された壮麗さ。あまりほかの客演指揮者陣にはいないタイプでもあるので、ぜひまた呼んでほしい。リストのソリスト、ダニエル・ハリトーノフはまだ20歳という若さで、ぜんぜん知らない人だったんだけど、恐るべきメカニックの持ち主。キレッキレのリスト。パワフルだが余裕すら感じる。最後の疾走感は鮮烈。ソリスト・アンコールが2曲もあって、練習曲op10-6とop10-12「革命」。これも立派ではあるんだけど、本編の強い印象が上書きされるのが惜しい感じ。
●チャイコフスキーの交響曲って、レコーディングなんかでも「後期三大交響曲」みたいにまとめられがちで、なんとなく123+456で前後半に分けられていると思う。でも実際の創作期間でいうと4と5の間に大きなブランクがあるので、1234+56っていう分け方になる。で、チャイコフスキーは第5番についてやたらと自信がなさそうで、自作に否定的な言葉を残しているんだけど、あれは(ここから自分の妄想なんだけど)、久々に書いた割には前作と似たような趣向の曲で、なんだかあざとさが丸出しになっていて「これってどうなのよ?」と自分でも感じていて、その思いから第6番「悲愴」という型破りな傑作が生まれたんじゃないだろうか。で、そこで寿命が尽きなければ、その後、6番と同じような成熟度を持った第7番、第8番を書いて、最後にベートーヴェンばりのなんらかの統合的な要素を持った第9番を書いていたかも。たとえば、交響曲第9番「バレエ付き」とか。

December 12, 2019

ヴィキングル・オラフソン&新日本フィル トリフォニーホール・グレイト・ピアニスト・シリーズ

●11日にはすみだトリフォニーホールでヴィキングル・オラフソン。アイスランド出身の話題のピアニストだが、ようやくライブで聴くことができた。前半はピアノ・ソロ、後半は新日本フィルとの共演という、すみだトリフォニーホールならではのスタイル。まずはバッハの「ゴルトベルク変奏曲」からアリアだけを弾いて、なぜかトークが入る。続くバッハ作品の紹介をして、この日のプログラムのテーマである「変奏」について、「キリスト教でいえばアダムとイブから始まったように、この世はみんなバリエーションなんだ」みたいな話。それからバッハの「イタリア風アリアと変奏」BWV989。「ずっと若い頃に書かれた、ゴルトベルク変奏曲への準備」のような曲。先にアリアを聴いているせいもあるけど、かえって「ゴルトベルク変奏曲」がバッハの作品においてさえも特別な高みに到達しているのだと感じる。曲が終わると、ほとんど間を置かずに、拍手なしでベートーヴェンのピアノ・ソナタ第32番ハ短調へ突入するという、ドラマティックな展開。こちらも後半の第2楽章が変奏曲。オラフソンは緻密にコントロールされたタッチで、清爽とした響き。随所に新鮮なアーティキュレーションが採用されていたりインスピレーションに富んでいるけど、あくの強さは感じない。でも、ソロは別の機会にもう少し小さな空間で聴いてみたいかな。
●休憩後はモーツァルトのピアノ協奏曲第24番ハ短調で、こちらも第3楽章が変奏曲。オラフソンが新日本フィルを指揮しながら演奏。指揮のほうはさまになっているとは言いがたいけど、弱音の表現を生かした能弁なモーツァルト。アンコールはピアノ協奏曲第23番の第2楽章。耽美。アルバム・ジャケットなどから、なんとなくオタクっぽい雰囲気の人を想像していたら、パッと明るい感じでしゃべる人だったのが意外。

December 11, 2019

「ラ・ボエーム」原作が光文社古典新訳文庫から刊行

●これまで邦訳がなかったと思うのだが(たぶん)、アンリ・ミュルジェール著の「ラ・ボエーム」が光文社古典新訳文庫から刊行された。「ラ・ボエーム」といえば、もちろん、プッチーニのオペラを思い出すわけだが、オペラの対訳はあっても、その出発点である原作を読めないもどかしさがあったわけで、これは朗報。
●いやー、なんでオペラのほうはあんな人気作なのに、原作がなかったんすかねー、さっそくポチッとな、と思って価格を見てギクリ。文庫本で1760円ということはページ数は……おお、672ページ! なんだそれは。このページ数に大いにひるんで、まずはいったん書店で手にしてみるかと思いなおす。そんなに厚いんだったらkindle版がほしいけど、しばらく待っていたら出るんだろうか。うーん、どっちなんだ、これは。
●Jリーグが感動的な幕切れ(←マリノス・ファン限定)を迎えたと思ったら、中二日で代表戦。EAFF E-1サッカー選手権が韓国で開催されて、まずは中国対ニッポン戦で始まった。しかしそんなにすぐに代表戦があるとは思わず、テレビの録画予約を忘れてしまう。DAZNに慣れた今、わざわざ録画を予約しなければいけない試合があることに不条理を感じる始末。慣れって怖い。国内組による実質B代表みたいなチームなので、気持ちが盛り上がっていないせいもあるかも。

December 10, 2019

アラン・ギルバート指揮都響のバルトーク、アデス、ハイドン他

●9日は東京文化会館でアラン・ギルバート指揮都響。プログラムが実に魅力的。前半にリスト(ジョン・アダムズ編曲)の「悲しみのゴンドラ」、バルトークのヴァイオリン協奏曲第1番(矢部達哉)、後半にアデスの「クープランからの3つの習作」(2006/日本初演)、ハイドンの交響曲第90番。ジョン・アダムズとアデスというふたりの現代の作曲家がそれぞれリストとクープランを題材にぜんぜん違ったスタイルで編曲しているというおもしろさがあり、一方でリスト、バルトーク、エステルハージ家のハイドンというハンガリー要素も含んでいる。
●ジョン・アダムズが「悲しみのゴンドラ」を編曲したのは1989年。絢爛たるオーケストレーションで彩られるのかと思いきや、オーソドックスな2管編成を用いたもので、アデスよりもむしろこちらのほうが習作的というか、なにかを試している感あり。一方、アデスのほうはクープランのクラヴサン曲「気晴らし」「手品」「魂の苦しみ」の3曲を題材とした再創造。2群に分けた弦楽器や、打楽器群の活用などで独自の音響を生み出す。マリンバや大太鼓を使いながらももっぱら弱奏で、繊細な音色のうつろいを実現する。バルトークのヴァイオリン協奏曲、第1番はめったに聴けないので貴重な機会。聴き終えてすぐにもう一度聴きたくなる。
●白眉はハイドン。ギルバートは以前も感じたけど、明るく爽快な音色を引き出す。磨き上げられたアンサンブルによる軽快でのびやかなハイドンで、隅々にまで音楽の愉悦が溢れている。この第90番の終楽章にはハイドン一流の仕掛けがあって、途中でニセのエンディングが入る。曲が終わったように見せかけて、実は終わっていないという罠。4小節の総休止が入る。ここで拍手が起きるのが本来のあり方だが、心配だったのは都響のお客さんは作品知識があるのでだれも騙されないのでは?という点。だれも拍手してくれないとこの曲を選んだ甲斐がない。が、ちゃんと拍手は出た! たぶん、終わってないと承知であえて拍手してくれた人が何人もいたのでは。で、そのあと、素直に終わってもいいのだが、ラトルとベルリン・フィルの録音のようにリピートしてもう一回騙すという手があって、2周目へ。ただし、2度目は小芝居が入って、拍手が起きた後にコンサートマスターが指揮者に「まだ終わってないですよ?」と言わんばかりに楽譜を見せてアピール。騙されたのは指揮者という体でギルバートが「ゴメンナサイ」とつぶやいて続きを演奏する。会場はどっと沸く。本当に演奏が終わった後、カーテンコールでギルバートはさっと指揮の構えを見せて、まだやるよとばかりに戯れのポーズ。笑。この曲、「驚愕」がだれもびっくりしない「驚愕」になったように、いずれはだれも騙されないニセエンディングになってしまうのかもしれないが、今のところはまだ大丈夫。

December 9, 2019

祝! マリノス、15年ぶり4度目のJリーグ優勝


●こんな展開をだれが予想していたのか。J1最終節はマリノスvsFC東京で、1位対2位の優勝を決める直接対決になった。もっとも、前節に東京が浦和と引き分けたことから、マリノスは「4点差以上で負けなければ優勝」という有利な状況。まあ、以前に4点差で負けたこともある相手なので、油断はできない。早い時間帯で失点を重ねれば勢いで押されるということだってありうる。なにしろマリノスは得点も失点も多いチームなので……と、思っていたが、前半26分、ティーラトンのミドルシュートがスライディングしてきた東慶悟に当たってコースを変え、これがきれいにキーパーの頭を超えてゴールへ。その後、エリキ、後半に遠藤渓太(見事な個人技)が追加点を奪って、3対0。祝祭的な雰囲気の中、ホームで優勝を決めた。
●DAZNではその後のセレモニーも延々と中継してくれて、これが泣ける場面続出。シャーレを掲げて喜びを分かち合う選手やコーチ、スタッフたち。そして、選手たちは途中でチームを去ったかつての仲間のシャツを着て、彼らに成り代わって優勝を祝う。キーパーの飯倉大樹やベルギーに行った三好康児、等々。極めつきは松田直樹の3番だ。天に向けての優勝報告。それから大ベテランとなった栗原勇蔵の長い長い引退セレモニー。功労者の栗原に花道を用意することができて本当によかった。ザッケローニ元日本代表監督らがビデオメッセージを寄せてくれた。
●リーグ戦の間、ずっとてっぺんに東京がいて、マリノスは3位くらいで追いかけていたのが、最終盤になってはじめて1位に躍り出て、そのままゴールを切った。なので、優勝争いを実感したのは本当に最後のほうになってから。終わってみれば1位マリノスが勝点70、2位東京が64。勝点6も引き離しているのに驚く。22勝8敗4分。得点68、失点38。失点の多いチームだったが、終盤ではずいぶん守備が落ち着いてきたのがよかった。
●昨季、残留争いまでしたマリノスが、同じポステコグルー監督、同じ戦術でなぜ優勝できたのか。きっと「この超攻撃的な戦術が浸透したから」というまとめられ方になると思うが、自分にはそんな実感はない。最大の勝因は、選手層の厚みかなと思っている。なにしろ途中まで11ゴールをあげていた絶対的エース・ストライカー、エジガル・ジュニオがケガで離脱したというのに、その後にエリキやマテウスら、次々と優秀な選手を獲得できたのが大きかった。リーグMVPに輝いた仲川輝人と、マルコス・ジュニオールのふたりが15ゴールで並んで得点王。急成長を遂げた仲川のMVPは文句なしだが、このチームで決定的な存在はセンターバックのチアゴ・マルチンスだったとも感じる。ずっと上のレベルでやれる選手がなぜかここにいるというか。遠藤渓太のようにベンチに置かれた選手もクォリティが高かった。両サイドバックのポジション争いも熾烈。これだけの層の厚みはかつてなかった。

December 6, 2019

わかりやすい文章を書く秘訣

●よくある誤解で、執筆者が自信を持って書いた原稿を編集者に送ったところ「これは難しすぎるから直してほしい、もっと平易な原稿をお願いしているのだ」と差し戻されてしまい、執筆者はいったいどこが難解なのか見当がつかず、ここにはぜんぜん難しい話など書いていない、おたくの読者にとってこの程度の話はまったく問題がないはずであり、これを難解と差し戻すとは編集者としての見識が疑われる、といったような反発が起きてしまい、機嫌を損ねた執筆者と途方に暮れる編集者の間で不穏な空気が漂う、そんな事故はそれほど珍しくないものであるのだが、なぜそんなことが起きるのかといえば、実をいうと編集者側は必ずしも原稿中に扱われる概念や思考の道筋が難解だと感じているわけではなく、本音では日本語が拙くて文章がわかりにくいからもっと上手に書けと要望しているのであるが、それを婉曲的に「易しくしてほしい」と表現しているだけなのではないか、そんな疑念がずっとつきまとっており、実際に記憶をたどってみれば思い当たる節がなくもなく、軽く身震いしながら認めるなら、わかりやすい日本語を書くことは本当に大切で、その内容がかなり込み入ったものだったり論理が飛躍したものであったりしても、日本語がきれいであれば編集者はしばしば「わかりやすい原稿をありがとうございます」と感謝してくれることすらある一方で、たんに目玉焼きのレシピを記したにすぎない原稿が日本語が整えられていないばかりに「難解すぎる」とダメ出しを食らう危険性は十分にあると確信しているわけで、それではどうやったらわかりやすく書けるのか、するりとスムーズに編集者に受け入れてもらえるのかといえば、それについてはかつて絶対的な真実をある偉大な先人から教わったことがあるので、ここに気前よくズバッと大公開しておくと、いわく、一文は長くならないように文章を短く切れ、それだけのことであるがまさしく極意と呼ぶほかなく、これほど有益なアドバイスをワタシはほかに知らない。

December 5, 2019

ビシュコフのチャイコフスキー「悲愴」論

●しばらく前に来日公演があったビシュコフ&チェコ・フィルのプログラムノートに、ビシュコフのインタビューが載っていた。この種のインタビューには珍しく、作品解釈についてあれこれ語っていて、チャイコフスキー「悲愴」の話がおもしろかった。
●ビシュコフは「悲愴」最大の秘密はフィナーレの意味だとして、初演を指揮して9日後に亡くなったチャイコフスキーの死因について、よく言われるコレラ説ではなく「自殺説がもっとも信憑性が高い」としている。自殺説はかつてニューグローヴ世界音楽大事典でも採用されていた時期があったが、最近はあまり耳にしない。まあ、どれも決定的な証拠を欠くだろうから、なんだってありうるのかもしれないが、その説を作品解釈の形で実践できるのが指揮者ならでは。ビシュコフはフィナーレを「死への抵抗」と解釈して、「死を受容したという一般的な解釈とは違った観点で臨む」と語っている。そんなの表現できるものなの?とも思うが、確かめたかったら彼らの録音を聴けばいいわけだ。

December 4, 2019

今シーズンのJFL全日程が終了、J3昇格は今治のみ

●だれにも興味を持ってもらえなさそうな話題だが、今季のJFLの全日程が終了したので、結果を記しておこう。優勝はHonda FCで4連覇。2位はソニー仙台。1位も2位もJリーグを目指していない企業チームになってしまった。そのため3位の今治がJ3に昇格。問題は4位の東京武蔵野シティFC。成績はJ3昇格条件を満たしており、J3ライセンスも持っているのだが、「平均入場者数2000名」という昇格条件を満たせなかったので、来季もJFLに残ることに。
●先日書いたように武蔵野シティは平均2000名をクリアすべく、最後の数試合で極端に入場者数を増やしていた。ラスト2試合目は武蔵野陸上競技場にまさかの5284名。これでホーム最終戦に5703名を集めれば平均2000名に届くということで、奇跡が起きるかと思っていたら、事前にクラブから「2020年のJ3入会断念について」というメッセージが発表された。そもそも同競技場の収容人数は5192名しかなく、安全管理上問題があったということで、J3昇格はないと明言。ちなみに、その最終戦に何人足を運んだかといえば、2608人で普段だったら十分に立派な数字。来季は2000名をクリアすべく開幕から盛り上がるとは思うが、ホームゲームに武蔵野陸上競技場を使えない週の集客が課題か。
●JFLの降格争いは最終節に直接対決があって、勝った松江シティが残留決定、敗れた流経大ドラゴンズ龍ケ崎(名前にリュウがいっぱいいる)が最下位となり地域リーグに降格。といってもこのチーム、流通経済大学サッカー部のサテライトチームという扱いのようで、はたから見ていると本体のチームとの関係性がよくわからない。同大学サッカー部の部員数は213名もいるそうなので、サッカー部だけでひとつのリーグが創設できそう。

facebook / twitter

facebook Twitter instagram

過去記事一覧

過去記事見出し一覧はアーカイブに。

月別 アーカイブ(まとめ読みに)

制作者

飯尾洋一(Yoichi Iio)

このサイトについて/プロフィール
since 1995.

ショップ

MyBlogList

shortcut

CLASSICA [HOME]
home
links
side_b