June 11, 2021

トリオ・リズル(毛利文香、田原綾子、笹沼樹)のベートーヴェン、ヒンデミット、モーツァルト

●10日はトッパンホールでトリオ・リズル。トリオといってもピアノ・トリオではなく弦楽三重奏で、メンバーは毛利文香(ヴァイオリン)、田原綾子(ヴィオラ)、笹沼樹(チェロ)。昨年開かれた同ホールでのランチタイムコンサートをきっかけとして誕生したトリオで、トリオ・リズルの名では今回が初舞台。今後継続的な活動を見据えているそう。あちらこちらで大活躍中の気鋭ぞろいによる弦楽三重奏は頼もしく、貴重。
●プログラムはベートーヴェンの弦楽三重奏曲ニ長調Op.9-2、ヒンデミットの弦楽三重奏曲第1番Op.34、モーツァルトのディヴェルティメント 変ホ長調K563。弦楽四重奏と違って弦楽三重奏となるとレパートリーはぐっと絞られるが、その中核となる作曲家と作品が並ぶ。ヒンデミットが圧巻。猛烈で強靭。複雑で濃密な作品から作曲者の旺盛な創作意欲が伝わってくる。モーツァルトはのびやかで、隅々まで精彩に富んでいた。
●ベートーヴェンとモーツァルトからは両作品の対照性を感じる。ベートーヴェンは初期作品で、三重奏としてまとまっているけど、ひとり欠けているような感覚がどこかに残る。サッカーで退場者がひとり出たけど、みんなで運動量でカバーして勝ち切った試合みたいな感じ。一方、モーツァルトは成熟期の作品で、三重奏でしかありえない音楽を書いている。調和や対話性を前提としつつも、3人がソリスティックであることを求めている。この曲は終楽章が味わい深い。ピアノ協奏曲第27番の終楽章などと同じで、軽やかなんだけど寂しげ。名残惜しそうに曲を閉じる趣がある。これで終わってもよかったと思うが、盛大な拍手にこたえて、アンコールにベートーヴェンの弦楽三重奏のためのセレナード ニ長調Op.8より第5楽章アレグレット・​アラ・ポラッカと第1楽章行進曲。大いに堪能。
●カメラが何台も設置されていた。

June 10, 2021

65年前に描かれたリモート会議

●古いSFミステリー小説だが、アイザック・アシモフの「はだかの太陽」(早川書房)を読んでみたら、舞台となる惑星が人間同士の直接的な接触を禁忌としており、人と人の面会は常に立体映像を通してリモートで行うという設定になっていた。ウイルス禍以来、ZOOMを常用するようになった身としては、妙になじみのある光景で、1956年に書かれた小説に今になってはじめてその先見性を実感できる。もっとも、その一点以外は相応に古びた小説ではあるのだが。
●今、早川書房の夏のKindle本セールで、電子書籍約1500点が50%OFFになっている(6/22まで)。これに思いっきりつられて、ことあるごとにポロポロと翻訳小説や翻訳ノンフィクションを買ってしまう。すでに紙で持っている本も多いのだが、半額だったら電子書籍で買い直しておくのもありかな、とか。あと、比較的新しいところでは、話題作「ザリガニの鳴くところ」(ディーリア・オーエンズ)とか、一作目までしか読んでいない「三体Ⅱ」(劉慈欣)などにも惹かれつつ、まずは「レス」(アンドリュー・ショーン・グリア)を読み始めた。
●藤倉大がオペラ化した(そしてタルコフスキーとソダーバーグが映画化した)スタニスワフ・レム「ソラリス」もある。これは20世紀の古典。古びていない(と思う)。

June 9, 2021

DSH エルサレム弦楽四重奏団 ベートーヴェン・サイクルⅠ サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン

●現在開催中の「サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン」、今年はエルサレム弦楽四重奏団がベートーヴェン・サイクルに挑んでいる(ヴァイオリン:アレクサンダー・パヴロフスキー、セルゲイ・ブレスラー、ヴィオラ:オリ・カム、チェロ:キリル・ズロトニコフ)。その初日となる6日夜の公演を、デジタルサントリーホール(DSH)の配信で観た。プログラムは弦楽四重奏曲第1番、同第7番「ラズモフスキー第1番」、同第12番の3曲。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全曲をサイクルで演奏するにあたって、曲をどう配分するかはクァルテットによってまちまち。作曲年代順に進めていく方法もあるが、エルサレム弦楽四重奏団は毎公演ごとに初期、中期、後期の作品がそれぞれ含まれるように全5公演を組んでいる。この方法だとバランスがよく、どの公演を聴いても一通りのベートーヴェンを体験できるという満足感がある。逆に言えば尖がったエクストリームな日もない。
●DSHの配信は十分なクォリティで、エルサレム弦楽四重奏団の骨太で濃密なベートーヴェンをたっぷりと味わう。正攻法の堂々たるベートーヴェン。第1番からは若きベートーヴェンの意気込みが伝わってくる。白眉は「ラズモフスキー第1番」。力強くスケールが大きいが、ニュアンスにも富む。第3楽章のアダージョは崇高。急速楽章と緩徐楽章のコントラストが鮮やか。おしまいの第12番はやや安定感を欠いたかもしれないが、熱量が高く、偉大な傑作を聴いた充足感に浸った。
●ちなみにこの公演は、DSHでライブ&リピート配信が行われていて、6月6日から6月11日の23:00まで配信されている。料金は1000円。同日に東京文化会館でサーリアホのオペラがあって、物理的にはダブルヘッダーは可能だったが自分の集中力を考えると現実的ではないので、翌日にリピート配信で聴いた。やはりオンデマンドはありがたい。

June 8, 2021

ニッポンvsタジキスタン代表@ワールドカップ2022カタール大会 アジア2次予選

タジキスタン●今月、日本で集中的に国際試合が開催されることになり、6日はW杯2次予選のニッポンvsタジキスタン戦。といっても、ニッポンはすでに最終予選進出を決めているのでこれは消化試合。2次予選のなかではこのタジキスタンがニッポンに次ぐ2番手なのだが、ニッポンはグループ分けに恵まれすぎたかも。難敵ぞろいになる最終予選と落差が大きい。
●森保監督はJリーグ勢を数多く起用。W杯予選に控え組中心の編成で臨むというめったにない状況に。GK:権田-DF:山根視来、中谷進之介、昌子、佐々木翔(→小川諒也)-MF:橋本拳人(→守田英正)、川辺駿-原口(→坂元達裕)、南野(→鎌田)、古橋亨梧-FW:浅野(→谷口彰悟)。かなり新鮮な顔ぶれで、交代枠も5人使った。前半6分、山根の縦パスから浅野がシュート、キーパーが弾いたこぼれ球を古橋が決めて早々に先制。ところが9分、サイドからのクロスボールにパンシャンベが山根に競り勝ってヘディングで同点弾。ニッポンは2次予選で初失点。久々にW杯予選らしい雰囲気になりかけたが、実はこれがタジキスタンの唯一のシュート。この後はニッポンが攻め続け、前半40分に古橋のクロスに南野が足で合わせて2点目、後半にも橋本、川辺が決めて4対1で勝利した。山根は3得点(と1失点)に絡んで主役級の働き。古橋もスピードと技術を生かして持ち味を発揮。新戦力の発掘にはなった。ただ、相手のクォリティを考えると、なんとも微妙なところ。
●いちばん新戦力の台頭が求められているのは左サイドバックだと思う。ベストメンバー組にいまだに34歳の長友が入るのはどうかと思うが、第二の選択肢がこの日の先発、31歳で代表キャップ数11の佐々木翔とは。うーむ。途中交代で出場した小川諒也に期待にするしかないのか。下のU-24年代でも左サイドバックはだれも定位置を獲得していないようだし、このポジションはオフト・ジャパンの相馬直樹以来、ずっと層の薄さが課題になっている感。右は次々とタレントが出てくる上に、本職ではない冨安や長谷部まで欧州で右サイドバックに起用されたりするのに、左となると途端に候補者が限られる。

June 7, 2021

サーリアホ オペラ「Only the Sound Remains -余韻-」東京文化会館

Only the Sound Remains●6日は東京文化会館大ホールでサーリアホのオペラ「Only the Sound Remains -余韻-」日本初演。ヴェネツィア・ビエンナーレ他との国際共同制作、東京文化会館舞台芸術創造事業。能の「経正」(経政)と「羽衣」を題材とした二部構成になっている。多数の来日キャストを迎え、作曲者サーリアホも臨席。このオペラが無事に上演されたことを喜びたい。東京はいまだ緊急事態宣言中であることを忘れてしまう。客席はまずまずの盛況。演出はアレクシ・バリエール(作曲者の息子さんなのだとか)、ダンスと振付に森山開次、経正&天女役にミハウ・スワヴェツキ(カウンターテナー)、行慶&白龍役にブライアン・マリー(バス・バリトン)。ピットにはクレマン・マオ・タカス指揮、成田達輝と瀧村依里のヴァイオリン、原裕子のヴィオラ、笹沼樹のチェロ、エイヤ・カンカーンランタのカンテレ、カミラ・ホイテンガのフルート、神戸光徳の打楽器。コーラスは新国立劇場合唱団となっているが渡邊仁美、北村典子、長谷川公、山本竜介の4名のみ。エレクトロニクスを活用。舞台上もピットも少人数で疎。装置も大掛かりなものではなく、映像を用いた簡潔な舞台。
●さて、この作品については以前当欄で2016年オランダ国立オペラにてピーター・セラーズ演出により上演された公演のDVDをご紹介している。で、今回のプロダクションから受ける手触りは大きく違う。セラーズ演出では第1部「経正」で、行慶と経正(の霊)の濃厚なラブシーンに焦点が当てられていて、それはそれで理屈は通っているのだが、本来観る側に委ねられた解釈の多様性を狭めてしまった感があった。その点では今回のバリエール演出のほうがバランスがとれている。第2部「羽衣」では天女の舞をダンサーが躍る。天女の歌と舞踊を歌手とダンサーがふたりで受け持つ形になる。なので第2部ではダンサーが大きな役割を担うのだが、バリエール演出はセラーズ演出と異なり第1部から早くもダンサーを登場させるのが特徴。
●セラーズ演出でもうひとつピンと来なかったのは、第1部「経正」と第2部「羽衣」のトーンがあまり変わらず、ずっと陰鬱だったところだが、バリエール演出は第2部「羽衣」にいくぶん軽やかさやユーモアを漂わせていた。「羽衣」は物語だけではなく、サーリアホの音楽そのものにこれらの要素があるので納得。ただし、バリエールもセラーズも舞台がずっと暗いんすよね。「経正」は幽霊話なので暗いのは当然だけど、「羽衣」は漁師が出てくるくらいだから自分のイメージは朝。まだ月が空に残る春の朝に天女と出会ったという清々しい空気感を期待してしまう。素朴な漁師が欲を張ってしまうも天女の尊さを前に己を恥じる、といった程度のほんわかした話だと思っていても、舞台が暗いと漁師と天女の関係に暴力性を感じ取らずにはいられない。
●サーリアホの音楽は、精妙で繊細な響きが連綿と続くもの。洗練された色彩感による美麗な音楽に浸る。脚本も音楽も起伏に富んだスリリングな展開が続くものではなく、隅々まで描き込まれた細密画を眺めるような感。演奏はこれ以上望みようのない水準だろう。以前のサーリアホ「遥かなる愛」よりもそうだったが、大きな枠組みとしてのストーリーは用意されているが、プロットははなはだ簡潔なので、上演ごとにずいぶんテイストは違ってくると思う。

June 4, 2021

ニッポンvsU-24ニッポン 急遽実現した兄弟対決

ニッポン!●3日は札幌ドームでニッポン対ジャマイカ代表……の予定だったが、ジャマイカ代表の欧州組選手たちが期限までに入国できず、試合開催が不可能になった。新型コロナウイルス陰性証明書に不備があったためにアムステルダムの空港で搭乗を断られたのだとか。米国経由の選手たちは予定通り来日している。困惑したジャマイカ代表の選手たちは天を仰いで「じゃ、ま、いっか」と言ったとか言わなかったとか(←言うわけない)。そこで、苦肉の策で実現したのが、なんと、ニッポンvsU-24ニッポン。フル代表と五輪代表の兄弟対決が実現! これは悪くない発想だと最初は思った。U-24にオーバーエイジの3人(吉田、酒井、遠藤航)が加われば、もはやフル代表と大して変わらない。興味津々。
●が、テレビで先発メンバーを見て、少し勘違いをしていたことに気づく。もともとフル代表はこの日に試合を予定したわけだが、U-24は5日にU-24ガーナ代表との試合がある。つまり中一日で試合が控えているわけで、じゃあどんなメンバーを出せるのかと言ったら、まあ、主力はほとんど出せない。オーバーエイジ組もベンチ。オリンピックメンバーに残れるのかどうか微妙な選手たちが大勢いるBチーム感あり。
●なので、フル代表が貫禄を見せたのも当然だろう。チームとしての完成度がぜんぜん違う。ニッポン 3-0 U-24ニッポン。ゴールは橋本拳人、鎌田、浅野。2点目の鎌田がすばらしい。ディフェンスとゴールキーパーの位置を冷静に確認して、ゴール右下に精度の高いシュート。U-24は組織としての連携が不足している。開始早々の失点など、コーナーキックの守備でファーサイドにだれもいなくなるという混乱ぶり。終盤でオーバーエイジの遠藤航が入るとかなり中盤が安定し、チャンスが増えたが、なにしろ3点差がついた後なので。
●U-24の先発だけ記しておくと、GK:大迫敬介-DF:菅原、町田、橋岡、旗手-MF:中山雄太、板倉、三好、久保、遠藤渓太-FW:田川。選手選考会だったと思えばいいのかな。さて、この中からオリンピックに行ける選手はどれだけいるのか……ってか、オリンピックって本当にあるの!? ここ、東京で?

June 3, 2021

ロスレス幻想

●さて、先日も書いたように6月よりApple Musicのカタログ全体がロスレスオーディオ(ハイレゾ含む)になるということで、6月1日をドキドキしながら待っていたんである。でも、どんなふうにして始まるかは発表されてなかった。アメリカ時間で何時にスタートするんだろうか。Windows用のiTunesはアプリのアップデートが降ってくるのかな。あるいはスマホアプリのほうが先に始まるのかな……。とか思っていると、SNSで「Apple Musicのロスレス、音が格段によくなった!」みたいな感想がいくつも目に入る。えっ、やっぱり始まってたの?
●いや、始まってなかった。よく確かめてみたら始まってなかった。でももうロスレスは絶賛されていた。始まると思っただけでも音質アップ。わかる! これがオーディオの神髄だっ!(ウソ)
●まあ、6月からスタートとは書いてあったけど、6月1日からとは書いてなかった。慌てずに待ちたい。
---------
●久々に東京の新規感染者数を見ておく。4月25日から始まった東京の緊急事態宣言だが、直後はゴールデンウィークと重なってしまい、本当に感染者が減っているのか、暦のせいで報告数が偏っているのか、判然としなかった。連休の頃は7日移動平均でもグラフが平滑化されず、いびつになっている。しかし、5月13日をピークにその後は少しずつ減りだした。ただし、変異株の感染力が強いためか、前回に比べて減り方は緩やかで、やっと4月半ばの水準まで減ったところ。時間がかかる。ワクチン接種とのスピード勝負になりそうな様相。

June 2, 2021

「RESPECT2 監督の挑戦と覚悟」(反町康治著/信濃毎日新聞社)

●前作「RESPECT 監督の仕事と視点」がおもしろかったので、続編となる「RESPECT2 監督の挑戦と覚悟」(反町康治著/信濃毎日新聞社)も読んでみた。前作以上の読みごたえ。反町康治元監督が松本山雅FC時代に地元新聞に寄稿していた連載がまとめられている。期間は2016年4月から2019年12月まで。この間に松本山雅はJ2優勝により2度目のJ1昇格を果たし、そしてJ1から降格して反町監督の退任に至っている。
●なにがびっくりかといえば、対戦相手の分析に膨大な時間と労力をかけていること。選手に見せる「5分の映像をつくるのに50時間ぐらいかかる」。監督とコーチ陣で対戦相手のセットプレイでの攻撃、セットプレイでの守備、オープンプレーでの攻撃と守備を分担して検証する。反町監督は相手の直近3試合を見て、去年の得点シーンを点検し、さらにダイジェスト版で今季の全試合を見る。コーチ二人が今季のセットプレー全場面と昨年以前のセットプレーを確認する。そうやって集めた映像から、どこを抽出するかを議論して、試合前に選手に見せる20分の映像を作り出す。PKの傾向も5年前まで遡って確認するし、外国人選手なら海外リーグの映像も探す。もちろん、自分たちのフィードバック用の映像も編集する。まさに映像時代のフットボール。
●あとは反町監督にとって決定的な体験となった、バルセロナへのコーチ留学の話がおもしろい。国際的には無名の監督志望者がいったいどうしてバルセロナになんか行けたんだろうと思うじゃないすか。これは元バルセロナ監督のカルロス・レシャックが横浜フリューゲルスの監督を務めたことがあって、その縁で指導者交流プログラムがあったのだとか。フリューゲルスでプレイ経験のある反町はそれに応募してバルセロナへ飛んだのだが、実際に行ってみると「そんな話は聞いてない」。ああ、いかにもありそう……。それでも粘り強く交渉を続けて、ついに毎日練習に通えるようになったという。1年4か月、蓄えを切り崩して生活費にあて、スペイン語の語学学校に通いながら、家族と離れてひとりでバルセロナに暮らす。選手を引退した後、これほどのエネルギーを注いでセカンドキャリアを切り拓ける人はまれだろう。

facebook / twitter

facebook Twitter instagram

過去記事一覧

過去記事見出し一覧はアーカイブに。

月別 アーカイブ(まとめ読みに)

制作者

飯尾洋一(Yoichi Iio)

このサイトについて/プロフィール
since 1995.

ショップ

MyBlogList

shortcut

CLASSICA [HOME]
home
links
side_b