ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
June 26, 2017

パーヴォ・ヤルヴィ指揮N響、河村尚子のサン=サーンス

●24日はNHKホールでパーヴォ・ヤルヴィ指揮N響。フランス音楽プロで、デュティユーのメタボール、サン・サーンスのピアノ協奏曲第2番ト短調(河村尚子)、ラヴェルの「優雅で感傷的なワルツ」と「ダフニスとクロエ」組曲第2番。このコンビのフランス音楽プロを聴くのは初めてか。バラエティに富んだ選曲が吉。白眉はサン=サーンス。サン=サーンスのピアノ協奏曲はどれも好きなのだが、この第2番は気まぐれ度の高さが魅力。いきなり独奏ピアノのカデンツァで始まるという幻想曲風の第1楽章、洒脱なスケルツォ風の第2楽章、スリリングなタランテラ風の第3楽章と、とりとめがないというか、作曲者のなんでも書けます感が全開。かなりピアノに名技性を発揮させる曲だと思うんだけど、そこに焦点が当たってほしくない感じ。この日は気迫のこもったソロが作品の奥行きを感じさせてくれた。力強い打鍵、終楽章の煽るようなスピード感も痛快。ソリストのアンコールがプーランクの「バッハの名による即興ワルツ」で、意表を突かれる。かなり可笑しい、曲が。
●後半のラヴェルは、パーヴォならではの輪郭のくっきりした引きしまったサウンドが印象的。「ダフニスとクロエ」組曲第2番では終曲「全員の踊り」が壮麗。クライマックスに向けて疾風のように駆け抜けるラヴェル。
●自分メモ。メタボールはデュティユー、メタポールはアルミ材。

June 23, 2017

佐藤卓史シューベルトツィクルス 第7回 人生の嵐 4手のためのピアノ曲

●22日は東京文化会館小ホールで佐藤卓史シューベルトツィクルス第7回「人生の嵐 4手のためのピアノ曲」。ツィクルスなんだけど足を運んだのは初めて。この日は佐藤卓史とゲスト川島基のふたりで4手のための作品を中心としたプログラム(ふたりは第11回と第10回のシューベルト国際コンクール優勝者)。プログラムは前半に序曲ト短調 D668、12のドイツ舞曲D420、8つのエコセーズD529、12のレントラーD681より現存する8曲、「序奏、創作主題による4つの変奏曲とフィナーレ」変ロ長調D968A、後半にアレグロ・モデラートとアンダンテD968(ソナチネ)、アレグロ イ短調D947「人生の嵐」、ロンド イ長調D951(大ロンド)。演奏会で4手ピアノを聴く機会が少ないので、なじみのない曲を一網打尽にできた感。演奏は見事の一語。歌心にあふれた自然体でのびやかなシューベルトを満喫。
●最初の序曲はオーケストラ版が現存していないのだが、本来あったのかどうかもよくわからず。オーケストラ版があったのかどうかはともかく、オーケストラ前提で書かれた曲なんだろなとは思う。ただオーケストラで演奏したとしても、もうひとつ起伏に富んだ展開が欲しいというか、楽想のサイズが足りていない気も。アレグロ・モデラートとアンダンテ(ソナチネ)は、普通に聴けば第1楽章と第2楽章だけで未完成の曲。未完成交響曲と同じように、数ある未完のままになった曲のひとつ、ということでいいんだろうか。シューベルトらしい抒情性はあるものの、やや簡潔すぎて存在しないフィナーレへの渇望感は薄い。
シューベルト●やはり作品的にはおしまいの2曲が断然おもしろい。「人生の嵐」というベタすぎるほどベタなタイトルが付いたアレグロはたしかに冒頭から嵐なんである。この葛藤と焦燥感。普段はウジウジしている感じの人があるとき突然思い立ったかのようなテンションの高さがシューベルト風味。で、普通に聴けば、これはソナタの第1楽章なのかなって思う。だったらこのイ短調のアレグロに、続けて演奏されたロンド イ長調(大ロンド)がセットになっていてもおかしくない。間に緩徐楽章が入って3楽章のソナタになるとか? 「人生の嵐」と「大ロンド」がセットで2楽章のソナタだっておかしくはないんだろうけど、もし続けて演奏するとなんだか「つながってない」感がするんじゃないだろうか。嵐がいきなり解決してるよー的なすっ飛ばし感が残りそう。
●成立の経緯のよくわからない曲とか、もっと大きな曲の一部かもしれない作品が多めだったので、謎解き要素のたくさんある公演だった。謎はあっても答えはない。ないから楽しい。

June 22, 2017

DAZN、ヨーロッパチャンピオンズリーグ全試合の独占放映権を獲得

スタジアム●うっかりとこの大ニュースを見逃していたのだが、先日、髪を切った際にサッカー好きの美容師さんから教えていただいた。DAZNが2018/19シーズンから3年間、ヨーロッパチャンピオンズリーグ全試合の独占放映権を獲得。マ、マ、マジっすかー! Jリーグやスペイン・リーグに続いて、チャンピオンズリーグまで。あっという間にサッカー・ファンには必須サービスとなったDAZNだが、ついに最強コンテンツを獲得してしまった。しかも独占放映権……。スカパーの最後の砦がこんなにもあっさりと。サッカーファンが大量にスカパーから離れてしまうことは確実。というか、こうなってくると、CSとかBSってなんだ?ってことになりかねない。スポーツ中継は急激にテレビ放送ではなくネット配信で見るものになりつつある。DAZNのような全試合を生中継するというスタイルは、チャンネル数の限られたテレビではまねできないし、いったんオンデマンド配信を当然のものとして受け入れてしまうと、もはや「わざわざ事前に録画設定しておかないと見られない試合」が不条理に思えてくる。
●で、その若い美容師さんと話していたら、「でも、ウチは回線がモバイルしかないんすよねー」。そう、いまどきは家に固定電話がないんである。独身時代はもちろんのこと、家庭を持っても新たに固定電話を導入する理由がないので(あっても迷惑電話しかかかってこない)、ずっとモバイルで済ませてしまうそうで、DAZNを使うとなったら容量無制限の高速通信サービスが必要になるのだとか。なるほどね。ネット配信サービスというものは、固定電話と光回線を当然のように導入するオッサンと親和性の高いサービスなのだと実感。ベルリン・フィルやN響が動画やハイレゾ音源を配信するのは筋が通っているのか。

June 21, 2017

山下達郎「拍手のタイミングがおかしい」事件について

拍手●少し前にSNSですごい勢いで拡散していたのが、この話題。大宮ソニックシティでのライブで、山下達郎がひとりのお客さんに対して「あなただけさっきから拍手のタイミングがおかしい。2500人の観客のうち、ひとりのために2499人が迷惑する。ライブは生き物。ひとりのために壊したくない」といったようなメッセージを述べて、「潮騒」をもう一度演奏したのだという。
●最初はずいぶん手厳しいなと思ったのだが、いろいろ読むと、なるほどそのお客さんの態度は常軌を逸したもので、その後のライブが台無しになってしまうのを防ぐために、山下達郎が熟慮のうえで注意をしたということのよう。なぜその客が異常な拍手をし続けたのかについては思うところもあってなんともいえないのだが、大半のお客さんが山下達郎に感謝したであろうことはわかる。
●それにしても、「拍手のタイミングがおかしい」と来たら。このフレーズから甘美な妄想が止まらなくなる。今まさにブルックナーの交響曲第8番で神のような名演がくりひろげられている。コンサートホールは大聖堂になり、聴衆は敬虔な信徒になる。見える、見えるぞ、オレには神の姿が! 「ミレド!」。その最後の一音が鳴り終わらないうちに盛大な拍手とフライング・ブラボーを放つひとりの客がいた。オーマイガッ! だがマエストロは客席を振り向いて、言い放った。「あなただけ拍手のタイミングがおかしい。どうかライブを壊さないでほしい。だから、もう一回、最初から演奏します!」。ウォオオオーーー!

June 20, 2017

シモーネ・ヤング指揮読響とネマニャ

●17日は東京芸術劇場でシモーネ・ヤング指揮読響へ。ワーグナーの「さまよえるオランダ人」序曲、ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番(ネマニャ・ラドゥロヴィチ)、ブラームスの交響曲第2番というドイツ音楽プロ。シモーネ・ヤング、豪快。推進力にあふれ、オーケストラが気持ちよく鳴る。指揮ぶりはエネルギッシュだが明快で、後ろから見ていてもそこでどんなサウンドを求めているのか、よく伝わってくる。テンポは心持ち速めだが、ためるところではしっかりとため、鳴らすところでは鳴らす伝統的なドイツ風のスタイルというか。ブラームスの終楽章で急にテンポを落として強調する部分があったりして、うっすらと巨匠風味も漂うのが吉。巨匠と呼ばれる爺指揮者は大勢いるが、将来、巨匠と呼ばれる初の婆指揮者はきっとシモーネ・ヤング。
●ネマニャ・ラドゥロヴィチは最強に強まって髪型が大爆発していた。足細。スターのオーラを発散して登場。舞台に姿を見せるだけでみんなネマニャに目が釘付け。鮮烈で喜びにあふれたブルッフに場内大喝采、さらにアンコールでのパガニーニのカプリース超絶技巧特盛バージョンではこれでもかというくらいのテクニックで客席を沸かせた。単にうまいだけでなく、客席ものせて一体となってヒートアップするのがネマニャならでは。ソリストのアンコールでオーケストラの楽員たちがあんなに喜んでいる様子を見るのもめったにないこと。人をハッピーにする異才というしか。

June 19, 2017

ラザレフ指揮日本フィルのグラズノフ&プロコフィエフ

●16日はアレクサンドル・ラザレフ指揮日本フィルへ。サントリーホール休館中ということで珍しく東京文化会館での開催。都響以外の日本のオーケストラをここで聴くのは久しぶりか。「ラザレフが刻むロシアの魂 Season IV グラズノフ2」と題され、グラズノフの珍しいバレエ音楽「お嬢様女中」が演奏されたのが貴重。グラズノフは前半だけで、後半はプロコフィエフのピアノ協奏曲第1番変ニ長調(若林顕)、プロコフィエフのスキタイ組曲「アラとロリー」。後半もそうそう聴けない曲で、ありがたいかぎり。こんなプログラムでも客席は盛況。
●グラズノフの「お嬢様女中」はバレエの情景が浮かんでくるような洗練された音楽。優雅で美しい。バレエのあらすじは気恥ずかしいくらいのプリンセス・ストーリーで、高貴な姫は侍女に身分を偽ってもやっぱり魅力的だという話。逆に姫に身分を偽った侍女には魅力がないという話でもあって、現代的視点では問題ありって気がするが、19世紀だからしょうがない。以前、ラザレフは記者懇談会でグラズノフのオーケストレーションを絶賛していた。「チャイコフスキーはすばらしい音楽を書いたが、オーケストレーションはもうひとつだなと感じることがある。リムスキー=コルサコフにもやはりもうひとつだなと感じることが少しだけある。でもグラズノフにはまったくない。彼は音楽的教養に恵まれ、オーケストラを知悉していた」って言うんすよね。この視点はなかなかワタシらには持てない。でも、このグラズノフ、リムスキー=コルサコフ、チャイコフスキーというオーケストレーションの巧みな順番って、裏を返すと完璧であればあるほど、なにか刺さってくる「ひっかかり」が少なくなるのかな、と思わんでもない。
●後半のプロコフィエフのピアノ協奏曲第1番はこの日、最大の聴きもの。くらくらするほどカッコいい。若林顕のダイナミックなソロが熱い。鼻持ちならないほど自信と野心にあふれた若き作曲家像が伝わってくる。プロコフィエフはピアノ協奏曲も交響曲も若いときほど楽しいんじゃないだろか。スキタイ組曲「アラとロリー」は、古代の異教という題材といい曲想といい、先に初演されたストラヴィンスキーの「春の祭典」によく似ている。冒頭の巨大管弦楽の咆哮とか、まさに。終曲では文化会館の広大な空間が飽和しそうなほどの大音響が轟いた。
●ラザレフはますます客席とのコミュニケーションを盛んにとるようになっていて、グラズノフでも演奏中にこちらを向いて「ほらほら、このヴァイオリンのメロディ、美しいでしょう!」と言わんばかりのゼスチャー。プロコフィエフのピアノ協奏曲第1番では客席のだれよりも早く手を叩いたのがラザレフだったというまさかのセルフ・フライング拍手。先日ロジェストヴェンスキーが読響とのブルックナーの第5番で終わるやいなや指揮棒でスコアをぴしゃりと叩いたのを思い出した。すまん、いつでも余韻を味わいたい族で。

June 16, 2017

塩谷司がUAEアルアインへ。アジアの海外組

●これはびっくり。サンフレッチェ広島のディフェンダー、塩谷司がUAEの強豪アルアインに完全移籍。これまでにも中東に移籍した日本人選手はいなくもなかったが、塩谷は今代表に呼ばれてもおかしくないレベルの選手。28歳。これは英断。報道によると年俸は4倍になるうえに、広島にもしっかりと移籍金が入るそう。アルアインにはUAEのエース、オマル・アブドゥルラフマンも所属している。ACLでJリーグのクラブと対戦することになればおもしろい。
●で、このニュースを機に知ったのだが、鹿島などで活躍した元日本代表の増田誓志も現在UAEでプレイしているのとか。所属はアル・シャールジャ。韓国の蔚山現代から移籍していた。ひょっとするといつの間にかアジアの海外組が大勢いるのかも……と思って調べてみたら、想像以上にたくさんいる。気になる前を拾ってみると、清水やマリノスで活躍した青山直晃がタイ、元マリノスの深澤仁博がカンボジア、元ジュビロのカレン・ロバートがインド(日本、オランダ、タイ、韓国を経てのインド)。安田理大が韓国。あと、ほとんどだれも知らないと思うが、かつてJFLの横河武蔵野FCの中盤で華麗なテクニックを披露していた高松健太郎がミャンマーにいる。以前紹介した「アジアの渡り鳥」こと伊藤壇はミャンマーにいたが現在は無所属の模様。アジア海外組代表チームを組んでエキシビションマッチとかできないものだろうか。

June 15, 2017

マリオ・ヴェンツァーゴのシューベルト「完成」

icon●SONYからリリースされているマリオ・ヴェンツァーゴ指揮バーゼル室内管弦楽団によるシューベルトの交響曲第8番「未完成」(ヴェンツァーゴ補筆完成版)を聴いてみた。「未完成」の補筆完成版はこれまでもいくつか録音があって、たとえばNaxosのジョアン・ファレッタ指揮バッファロー・フィルの録音では第4楽章にまさにそのヴェンツァーゴの完成版が使われていた。今回はさらにそれより一歩進めた補筆完成版ということで、ヴェンツァーゴ自身がバーゼル室内管弦楽団を指揮している。一瞬、「第3楽章から聴いちゃおうかな~」と思ってしまうわけだが、ぐっとこらえて頭から聴いてみたのだが、これは演奏が抜群にすばらしいっすね。第1楽章アレグロ・モデラートがきびきびとしている。第1楽章と第2楽章は「緩─緩」ではなく、一般的な4楽章制の交響曲と同様に「急─緩」であると認識を改めさせられる。単にテンポが速いだけではなく、生命力にあふれスリリングな演奏になっているのが大吉。
●で、第3楽章と第4楽章。第3楽章にはシューベルト自身が残したわずかなスケッチが残っているので、これに肉付けをしているのだが、トリオが2つに拡大されていて、スケルツォ─トリオ1─トリオ2─スケルツォの形になっている。第4楽章は従来の補筆版と同じように、「ロザムンデ」間奏曲第1番が活用されている。ロ短調という調性や作曲時期の近さに加えて、この間奏曲には交響曲のフィナーレを飾れるだけのドラマ性があるということなのだろう……と思ったら、ヴェンツァーゴの見解としては、もともと交響曲の第4楽章として書かれた音楽が「ロザムンデ」に転用されたのだとか。独自の工夫もあって、のけぞったのはコーダの直前に「未完成」第1楽章冒頭を一瞬回帰させているところ。これはいい! というかずいぶん控えめな再現で、もっと思い切ってやってくれてもよかったくらい。これで大作交響曲らしくなった。
●この種の未完の作に対しては、いろんな立場がありうると思うけど、個人的には「復元」じゃなくて、「外挿」を期待したいところ。つまりもともと完成した作品があってそれが失われたのなら資料に基づく忠実な復元をしてほしいが、もとからないものだったら「復元」など端からありえないわけで、補筆者の創意は大歓迎。なんならシューベルトが残した第3楽章のスケルツォ主題も使わなくてもいいんじゃないかな、なんだか前の2楽章に比べるとパッとしないし。事実、ボツ素材でもあるわけで。
●ところで完成されたバージョンのこの曲はなんと呼べばいいのか。交響曲第8番「完成」か。あるいは「既完成」か。アルバムのジャケットには The Finished "Unfinished" と記されている。
icon

facebook / twitter

Twitter

過去記事一覧

過去記事見出し一覧はアーカイブに。

月別 アーカイブ(まとめ読みに)

制作者

飯尾洋一(Yoichi Iio)

このサイトについて/プロフィール
since 1995.

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。

MyBlogList

shortcut

CLASSICA [HOME]
home
links
side_b