July 17, 2018

決勝戦 フランスvsクロアチア オウンゴール+VAR+疑惑のPK+乱入者+GK大チョンボ+土砂降りのドタバタ劇 ワールドカップ2018

フランス●4年に1度のお祭りの最後は「なんでもあり」のドタバタ劇で締めくくられた。今大会を象徴するあれこれがあったという意味では決勝戦にふさわしかったのかも。フランスとクロアチア、ただでさえ決勝戦までの日程が一日クロアチアが不利なのに、彼らは3戦連続で延長戦を戦っている。コンディションの差が否めない。おまけに、どちらに転んでもおかしくないようなほんのわずかな運が試合の行方を大きく左右してしまった。とはいえ、フランスの優勝は実力にふさわしいもの。2回目の優勝。ワールドカップで「自国開催以外で優勝した国」が新たにひとつ誕生した。フランスの優勝はリアリズム、クロアチアの側にあったのはロマンティシズムだったと思う。
●前半、クロアチアがゲームを支配。攻めるクロアチアと守るフランスという構図は両者にとってゲームプラン通りだろうが、前半18分、フランスはフリーキックでグリーズマンがクロスをゴール前に入れると、クロアチアのマンジュキッチが痛恨のオウンゴール。これは不運というしかないのだが、その前のフランスがフリーキックを得た場面でそもそもファウルがあったのかどうかが試合後に物議を醸した。前半28分、クロアチアはフリーキックからモドリッチがファーサイドに走り込んだブルサリコにロングパスを送り、その折り返しのボールの混戦からペリシッチが蹴り込むビューティフル・ゴールで同点。前半34分、この試合で最大の問題の場面が。フランスのコーナーキックでマテュイディが競ったボールがペリシッチの腕に当たった。当初、主審は問題なしと見たようだが、VARのアドバイスでビデオを確認して、PKを宣言。グリーズマンがPKを決めて2対1。実質的に3点ともクロアチアが入れたようなもので、フランスがなにも攻撃しないうちに2対1までスコアが進んでしまった! この場面、手に当たっていることは明らかなのだが、すぐ目の前で高速で飛ぶボールの軌道が変わったため、クロアチア側から見れば腕をどけることなど不可能な話。しかしフランス側から見れば、腕に当たるような姿勢で競り合っている時点でミスということになるのだろうか……。いずれにしても、こんなほとんど避けようもないハンドで試合が決定づけられることが、サッカーの競技性に貢献することは決してない。
●フランスはリアクションサッカーに徹する。後半10分でカンテをエンゾンジに交代したというのが意外だったが、後半14分、ポグバがミドルシュートを弾かれたところに再度狙い澄ましたシュートを打って3点目。もうこれで試合は決まったようなもの。後半20分にはエムバペの鋭いシュートで4点目。クロアチアはがっくりと膝をつくはずだったが、その直後、後半24分にフランスのキーパー、ロリスが大チョンボ。つめてくるマンジュキッチに対してなにを思ったのか足技で交わそうとしたら、そのままマンジュキッチにかっさわれて失点。ワールドカップ優勝国のキーパーですら、ありえないミスをするということか。3点差が2点差になったことで、最後の最後までクロアチアは走り切った。もちろん、ここからなにかが起きるはずもないのだが……。
●4対2という決勝らしからぬスコアでフランスが優勝。しかし派手なゲームではなく、やや後味の悪いゲームだった。結局、ビデオ判定をしてもやっぱり誤審問題がクローズアップされるということを決勝戦で明らかにしてしまったという皮肉。でも一度使えば、ビデオ判定はもう止められない。これがあれば少なくとも2002年のような事件は起きないはず。使い方が難しいのと、そもそもサッカーのルールは客観的事実ではなく経験則で運用されるところが多すぎるがために齟齬が生じているような気がする。おまけにこの試合ではクロアチアの反撃ムードが高まりかけたところで、ピッチ上に複数の乱入者が現われる始末。なんでも反プーチンのバンド「プッシー・ライオット」とかいう人々なんだそうだが、完全に場違い。サッカー・ファンの逆鱗に触れて、いったいなにを共感してもらえると思っているのだろうか。ちなみに、ボール支配率は63%でクロアチアが大きく上回っていた。シュート数も敵陣ペナルティエリアでのプレーもコーナーキックでもクロアチアは勝っていたのだが、現代サッカーではそれはなんの優位も示していない。
●表彰式は土砂降りになった。プーチンもいる。全員がずぶ濡れになっている姿が妙にドラマティックだ。大会MVPはクロアチアのモドリッチ。ニコリともせずにトロフィーを掲げた。彼はスター性ではなく献身性でこの賞を獲得した。フランスのデシャン監督は、キャプテンとして現役時代に優勝し、監督としてまた優勝を果たしたことになる。フランスの選手たちがデシャンを胴上げをする。「ワッショイ!」の声が聞こえてきそうだ(言ってないと思うけど)。98年、開催国フランスが初優勝した際には、新時代のヒーロー、ジダンへの熱狂とともに彼らの勝利を心から祝福できたのだが、今回の決勝ではむしろモドリッチがヒーローになってほしかったという思いが残る。リアルか、ロマンか。決勝戦での勝者と敗者のコントラストはいつだって胸を打つ。

フランス 4-2 クロアチア
娯楽度 ★★★
伝説度 ★★★★

July 15, 2018

3位決定戦 ベルギーvsイングランド グループステージの再戦 ワールドカップ2018

ベルギー●すでに敗れた者同士が戦う3位決定戦は、ワールドカップにおいて蛇足以外のなにものでもない。この3位決定戦の敗者は、世界4強まで勝ち上がるという快挙を成し遂げたにもかかわらず、最後は連敗して大会を去らなければいけないという不条理。とはいえ、決勝戦までの休養日にほかにどんな試合を組めばいいのかというと、妙案はない。限りなくエキシビション・マッチに近い公式戦。試合が始まってみると、いかにもフレンドリー・マッチ的な雰囲気が漂っている。ベルギーとイングランドの両者はグループステージ第3戦でも、半ば消化試合的な雰囲気で戦っているのだが、それが3位決定戦でも再現されるとは。とはいえ、結果至上主義にならない分、スペクタクルが見られるのも3位決定戦。
●上位進出したチームのなかで、スペクタクル志向という点ではベルギーが抜群だったと思う。アザール、デブライネ、ルカクを中心とした攻撃陣はアイディアも豊富、ドリブルやパスワークも見ごたえがある。クリエイティヴィティという点でイングランドとの差は歴然。イングランドは強いし速いんだけど、なんにもないところからチャンスを創出する選手がいない。得点の4分の3がセットプレイからというのも納得。開始早々、ルカクの完璧なスルーパスからシャドリの低いクロスにムニエがボレーで蹴り込んでベルギーが先制。ルカクは使われるタイプだと思いきや、使うこともできるとは。後半37分にはアザールのキレキレのプレイで追加点。2対0で勝つべきチームが勝ったという印象。
●ベルギーは3位になった。でもワールドカップで3位になったチームを覚えてる人はいない。決勝で見たかったなというのが本音。この3位決定戦はさながらプレミアリーグ対決といいたくなるほど、イングランドプレイする選手が多かったが、やはり現状ではプレミアリーグが最強のリーグだと思う。他の国に比べて最上位チームから下の層が厚い。ベルギーみたいにプレミアリーグのスターを何人もそろえるチームが、過去の実績の有無にかかわらず上位まで勝ち上がってくる。これはサッカー選手の移籍市場の効率性の高さを示すものと理解している。

ベルギー 2-0 イングランド
娯楽度 ★★★
伝説度 ★

July 13, 2018

準決勝 クロアチアvsイングランド 消耗戦の果てに ワールドカップ2018

クロアチア●スタジアムに響くゴッド・セイヴ・ザ・クイーンの大合唱。南米勢が去った後、ようやくイングランド・サポがスタジアムに熱いムードを生み出してくれた。若いイングランドに対して、ベテランが中心選手のクロアチア。ここまで2戦続けて延長PK戦を戦い抜いてきた。要の選手となるレアル・マドリッドのモドリッチ、バルセロナのラキッチがともに汗かき役としても絶大な存在だけに、ベンチには下げづらい。で、試合が始まってみると、やはりクロアチアの選手に疲労度を感じる。開始5分、イングランドはいきなりゴール前のフリーキックで、トリッピアーが見事な先制点。高い壁の上を超えてゴール右上に吸い込まれた。イングランドのプレイぶりはシンプル。自陣でボールを奪ったら、すぐに前線に残した快足スターリングにロングパスを出すという約束事がある模様。コーナーキックが特徴的で、中央に縦に選手が密集して並び、キッカーが蹴る瞬間にパッとめいめいの方向に散る。これはなかなか良策かも。クロアチアはモドリッチの位置が低く、組み立てでは有効だが、前線での攻撃のバリエーションが少ない。後半に入るとイングランドのプレッシャーにクロアチアが苦しむ場面も見られ、このままフリーキックの1点だけで勝敗が決しそうな勢い。
●ところが、後半23分、クロアチアは右サイドからブルサリコがアーリー・クロスを入れると、ゴール前でペリシッチが相手ディフェンダーの鼻先スレスレに足を延ばすような力技のシュートで同点ゴール。すると一気に形勢は変わり、クロアチアがイングランドを押し込むようになる。ゴッド・セイヴ・ザ・クイーンで励ますイングランド・サポ。お互い決定機はあったが、両キーパーの好セーブもあって延長戦へ。これでクロアチアは3戦連続の延長戦。疲れ果てた体で走り回る。この試合、一見、可能性の薄そうなアーリー・クロスをクロアチアはなんども入れているのだが、事前の狙いとしてあったのだろうか。1点目に続いて、2点目もアーリークロスから。延長後半4分、クロスボールへの競り合いのこぼれ球にすばやくマンジュキッチが反応して、左足で蹴り込んで逆転ゴール。次々と選手が動けなくなり両チームとも交代枠を使うが、イングランドのトリッピアーが動けなくなった頃にはすでに延長戦の4枚目の交替カードも使った後。トリッピアーは退場し、イングランドは10人で攻めようとするものの、クロアチアに隙はない。まさかの3連連続延長戦でまたしてもクロアチアが勝ち進むことになった。初めての決勝進出。
●これで決勝はフランス対クロアチアに決定。たまたまだが、決勝トーナメントの組合せが決まった時点で予想した通りの対戦カードになった。ワールドカップの優勝国というのは、実はとても限られている。リネカーの名言に「サッカーとは22人の男たちがボールを追いかけまわし、最後はドイツが勝つスポーツ」というのがあるが、端的に言えばドイツかブラジル、そうでなければイタリアか開催国(あるいは最近開催国だった国)が優勝する。例外は2010年のスペイン。フランスはかつて98年に開催国として一度優勝した。クロアチアは初めての決勝だが、やはり98年に3位になっている。どちらが勝っても「開催国ではない優勝国」がひとつ増える。ロシア大会ということを考えると、広い意味でのスラヴ文化圏ということでクロアチアが勝つストーリーも成立する。
●ところで、この試合、クロアチアのビダ(ヴィダ)がボールを持つたびにブーイングが執拗に起きた。イングランドとなんの因縁があるのか、ぜんぜんわからなかったのだが、かつてキエフに所属していたビダが親ウクライナ的な発言をしたということで、どうやらイングランド・サポではなくロシア人たちがブーイングをしていた模様。選手が不用意に政治的発言をするのはよくないが、しかし試合と無関係なブーイングにはがっかり。サッカー的な文脈のなかでのブーならわかるのだが。

クロアチア 2-1 イングランド
娯楽度 ★★★
伝説度 ★★★

July 11, 2018

準決勝 フランスvsベルギー 1998年大会の歓喜は再現されるか ワールドカップ2018

フランス●いよいよ準決勝。フランス、ベルギー、イングランド、クロアチア。すべてのチームに優勝の資格があると納得できる4強がそろった。フランス対ベルギーはどちらも欧州ビッグクラブに所属する選手たちをずらりとそろえる。なので、必然的にチームメイト対決も増える。ベルギーのフェライニとルカク、フランスのポグバはマンチェスター・ユナイテッドの同僚。ベルギーのクルトワとフランスのカンテとジルーはチェルシーの同僚といったように。マンチェスター・シティやトッテナム所属の選手たちも含めて、プレミアリーグ色の強い対決に。
●前半からベルギーが攻めて、フランスが守るという展開。前半15分にやっと最初のシュートがあって、アザールの惜しいチャンス。アザールはキレキレ。前半21分、コーナーキックからベルギーのアルデルワイレルトがシュート、しかしロリスがスーパーセーブ。ロリス、クルトワ、ともにキーパーがすばらしい。ゴールが生まれたのは後半6分。フランスのコーナーキックでニアに飛び込んだウムティティが頭ですらしてゴール。ウムティティは194センチのフェライニに競り勝った。183センチのウムティティが小さく見える。
●コーナーキックから頭で決めた1点で試合が決まってしまうとおもしろくないな……と思っていたのだが、後半17分あたりからフランスは逃げ切り体制に入る。堅守速攻の構え。ベルギーはメルテンス、カラスコといった攻撃の選手を途中から投入して突破口を探す(フェライニを下げてカラスコを入れるというパワープレイに頼らない宣言)。デブライネを中盤に下げて攻撃の起点となり、アザールやルカクが攻めるのだが、攻めきれずにフランスにボールを奪われるとエムバペの高速カウンターが待っている。フランスは堅実に守って、試合を終わらせた。試合終了後にベルギーのクルトワはフランスの守備戦術を非難し、アザールに至っては「あんなフランス代表の一員として勝つくらいならベルギー代表の一員として負けた方がいい」とまで言い放っている。まあ、こういうのを負け惜しみというわけだが。
●なるほど、ニッポンにできなかったのはこれかー。ニッポンは最後まで攻めようとして大逆転されたわけだが、臆面もなく守っていれば2点リードを守った末に、こんなふうに悪口を言われたかもしれない。負けて褒めたたえられるよりも、そっちがよかったなとは思う。
●フランスは自国開催の1998年大会に優勝している。そのときにシラク大統領からワールドカップを手渡されたキャプテンが、現監督のデシャン。あとひとつ勝てば、監督としてふたたびワールドカップを手にすることになる。カッコよすぎでは。

フランス 1-0 ベルギー
娯楽度 ★★
伝説度 ★

July 10, 2018

CD「はじめてのクラシック~親子で楽しむ世界の旅」、新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室「トスカ」

●ワールドカップは準々決勝と準決勝の間の小休止。この間に宣伝をふたつ。
●まずはCD、「はじめてのクラシック~親子で楽しむ世界の旅」。これはソニー音楽財団の未就学児向けクラシックコンサート・シリーズ Concert for KIDS と連携したCDで、ブックレットの曲目解説を書かせてもらった。曲としては「乾杯の歌」とか「天国と地獄」とか「主よ、人の望みの喜びよ」等々、未就学児にも聴きやすそうな曲が並んでいるのだが、解説を書くにあたって(親が子に読み聞かせるという前提で)幼児に理解可能な概念だけを用いて書こうと試みた。つまり、こういう子供向け企画って、なんとなく平易な日本語で書けばオッケーかな~的な考え方もあるとは思うのだが、もし本当に幼児に語りかけるとしたら、たとえば「愛の喜び」の解説を書くのに、なんの説明もなく「愛」という言葉を使うのはNGなんじゃないか、って思った。だって、「愛」って普通の幼児には難しすぎる言葉だし。「オペラ」も「イエス・キリスト」もNGだ。その代わり、どんな解説にも書いてあるような基本事項を押さえる必要はないはず、と考えた。
●もうひとつ。現在、新国立劇場で平成30年度高校生のためのオペラ鑑賞教室「トスカ」が上演中。先日、一般向けの公演を観たわけだが、続いて同じ演出で高校生向け公演が開かれているんである(キャストは別)。オペラ初体験に「トスカ」。なかなかいい作品選択では。このプログラムノートに作品解説、聴きどころ等の原稿を書いた。こちらは高校生が読むという前提で書くわけで、どんな書き方をすればいいんだろうと一瞬だけ悩んで、すぐに答えが出た。ふつうに楽しく書けばいい。おおむね高校3年生時点の知力は大人の知力を上回っているんじゃないだろうか。数学IIIとか日常的に解いてるんだし。

July 8, 2018

準々決勝 スウェーデンvsイングランド フットボールの母国に最大のチャンス到来 ワールドカップ2018

スウェーデン●スウェーデンとイングランド、ともに前評判のそれほど高くないチームがここまで勝ち上がってきた。ずばり、イングランドは決勝進出のビッグチャンスを手にしている。強豪がトーナメントの反対側に集中したため、こちらの山の最大の敵と予想されるのはクロアチア。これを逃したら次に決勝を狙えるのはいつになるかというくらいの大チャンス。一方、スウェーデンは堅牢な守備ブロックとパワープレイが持ち味。
●試合開始早々から「もしかして暑いのかな?」と思うような間延びした展開。後で調べたら26℃。さほどでもない。特にスウェーデンの選手の体が重そうに見える。彼らの守備戦術が功を奏して前半はタイトで眠くなるような展開が続くが、30分、イングランドのコーナーキックからマグワイアが頭で合わせて先制。こうなるとスウェーデンも守ってばかりはいられないはずだが、イングランドの勢いに押されて耐える展開に。後半14分、イングランドは右サイドからリンガードがファーにふわりとクロスを入れてデレ・アリが頭で決めて2点目。追うスウェーデンだがセットプレイとパワープレイ以外では得点の香りがしない。だれか創造的なプレイをする選手がひとりふたりいてほしいところ。イングランドはキーパーのピックフォードが圧巻。エバートン所属の24歳。控えのバトランドも25歳で、「キーパーだから経験重視」などという考え方がない。エースのケインだって24歳、スターリング23歳、リンガード25歳、デレ・アリ22歳。この若さは大会最終盤の武器になるかも。
●残るもう一試合の準決勝、ロシア対クロアチアは開催国の予想外の健闘によって2対2でPK戦にまでもつれ込んでしまった。ロシア、開幕前は「史上最弱のホスト国」と呼ばれていたのに……。PK戦はロシア先攻。統計的には勝率60%で有利なのだが、なんとなんと、またまたまたまた後攻のクロアチアが勝ってしまった。いや、開催国のプレッシャーと、そもそも個の技術がクロアチアのほうが高いことを考えれば、不思議はないのだが。トーナメントのこちらの山はクロアチアが決勝に進むというのがワタシの予想だったけど、ここでこんなに消耗してしまうのは誤算。中盤の要、モドリッチとラキティッチの両ベテランがキープレーヤーだが、次に若いイングランドと中三日で戦うことになった。これは見もの。

スウェーデン 0-2 イングランド
娯楽度 ★
伝説度 ★★

July 7, 2018

準々決勝 ウルグアイvsフランス、ブラジルvsベルギー ここから先は欧州選手権 ワールドカップ2018

●さて、中二日の休みをはさんで、ワールドカップは準々決勝へ。おおむねワールドカップは終盤に進むにつれて地味な試合が増える傾向にある。攻撃的でオープンな試合が多かった今大会だが、ここからはどうなるだろうか。
ウルグアイ●まずはウルグアイ対フランス。ウルグアイはスアレスと並ぶ二枚看板のカバーニをけがで欠く。フランスは19歳のスピードスター、エムバペが大会最大のスターになりそうな勢い(なにしろメッシもクリスチャーノ・ロナウドももういない)。キックオフからハイテンションな戦いで、走る速度もパスの速度も強烈。エムバペは加速がすごい。ただ、その速さを有効に使えないムダなプレイも目に付く。攻めるフランスとカウンターで対抗するウルグアイという展開で、40分、フランスはグリーズマンのフリーキックにヴァランが頭で合わせて先制ゴール。
●後半16分、グリーズマンは遠目の位置からぶれ球のミドルシュート。これをウルグアイのキーパー、ムスレラがほぼ正面で受けながら後方にボールを弾いてゴールへ。苦悶の表情を浮かべるムスレラ。今大会、キーパーの受難が目立つのだが、使用ボールの影響もあるのだろうか。グリーズマンはニコリともしない。これで2点のリード。ここから試合が荒れだした。ウルグアイは好チームなのだが、全般に汚いプレイが多いのが惜しい。マッチョであることとフェアーであることは両立できないものか。ラフプレイに頼るとゲームはそこまで。フランスは残り時間を慎重に使って、ゲームを終わらせた。依然、優勝候補の筆頭という印象だ。
ブラジル●もう一試合、ブラジル対ベルギー。こちらはニッポンが2点差をひっくり返されなければベルギーに代わってここにいたのだが、という複雑な思いで観戦。ブラジルはFIFAの規定による短縮版国歌の録音を無視して、曲が終わってもアカペラで延々と最後まで客席と選手が一体となって歌い続ける(結局今大会でも前回に続いてこうなった。短縮版の規定は南米の国歌へのリスペクトを欠いている)。ベルギーはニッポン戦で途中出場したフェライニとシャドリを先発させ、メルテンスとカラスコの攻撃的な選手をベンチに置いた。デブライネのポジションは一列前へ。ニッポン戦でのよい流れを引き継ぎつつ、ブラジルの攻撃力を警戒した布陣。
●前半13分、あっけなくベルギーの先制点が生まれる。コーナーキックで、クリアしようとしたフェルナンジーニョの肩にボールが当たってそのままゴールに吸い込まれるオウンゴール。ベルギーは自信を持ってブラジルに渡りあう互角の展開。ブラジルの攻撃力はたしかに驚異的なのだが、ベルギーはデブライネ、アザール、ルカクらの突出した個の能力に平均188cmにもなろうという高さが加わるのが強み。ルカクはEURO2016で見たときは、たしかに強い選手だけどオフ・ザ・ボールの動きが物足りないなと思っていたのだが、今や完璧なセンターフォワード。前半31分、デブライネがマルセロを交わして低い弾道のスーパーミドルを放って、ベルギー2点目。
●ブラジルはこの試合でもネイマールがたびたび倒れるのだが、ベルギーのプレイぶりはニッポン戦と同様にフェアー。ネイマールがレフェリーとその向こうのVARとの駆け引きをすればするほど、彼からスーパースターのオーラが消えてゆく。後半31分になって、ようやくブラジルにゴール。コウチーニョの浮き球のクロスにレナト・アウグストが頭で合わせた。そこからブラジルの猛攻が始まったが、コウチーニョは決定機に外し、ネイマールのシュートはクルトワのファインセーブに阻まれ、試合終了。1対2でベルギーが試合内容にふさわしい勝利を収めた。
●準々決勝一日目でウルグアイとブラジルの南米勢が敗退して、残る6か国はすべて欧州勢になった。おおむねどの大会でも欧州開催時は欧州勢が強く、その他の地域では南米勢が健闘するという傾向があるのだが、どうやらロシアも欧州にはちがいないようだ。会場の雰囲気はむしろ中南米だったのだが……。あの熱心なサポーターたちが帰国してしまった後はどうなるんだろう。

ウルグアイ 0-2 フランス
娯楽度 ★★★
伝説度 ★

ブラジル 1-2 ベルギー
娯楽度 ★★★
伝説度 ★★

July 5, 2018

新国立劇場「トスカ」

●ワールドカップはラウンド16と準々決勝の間に中二日のお休みが入る。この中二日を有効に活用するのが4年に1度の「ワールドカップ進行」の肝。
●ということで、4日は新国立劇場でプッチーニの「トスカ」。定評あるアントネッロ・マダウ=ディアツ演出の再演で、オーソドックスな本格派の舞台。各幕ごとにゴージャスな舞台装置が用意されていて、視覚的にもスペクタクル。トスカにキャサリン・ネーグルスタッド、カヴァラドッシにホルヘ・デ・レオン、スカルピアにクラウディオ・スグーラ。歌手陣も十分にすばらしいが、白眉はロレンツォ・ヴィオッティ(マルチェッロ・ヴィオッティの息子)指揮の東フィル。明快で輝かしいサウンドで、情感豊かでドラマティック。煽るところは煽りつつも、バランスを崩さない。近年、新国で聴いた東フィルのなかでは、もっとも心に残る好演だった。もともとこの作品、自分のなかではプッチーニの多彩なオーケストレーションが最大の聴きどころなので、大いに堪能。やはりオーソドックスな演出は、音楽に力があってこそと再認識。
●「トスカ」って名作中の名作なんだけど、ヒロインがイヤな女っていう珍しいパターンだと思うんすよね。なにしろ病的に嫉妬深い。しかもその嫉妬深さが愚かさに直結していて、見当ちがいな猜疑心のために自分も恋人も破滅してしまう。画家が描いた絵の目の色を青から黒に直せっていうリクエストも、芸術家としてどうかと思うんだけど。スカルピアにナイフを突き刺す場面には親指を立ててグッジョブ!とねぎらいたくなるが、なんだかその後の牢屋でカヴァラドッシに会う場面にうっすらと図々しいオバサン感が漂っている。「ほら、あんた、ちゃんと銃が鳴ったらバタン!と倒れんのよっ! うまくやってよね」みたいな。かねがね思ってるんだけど、トスカって本当はスカルピアと似合いのカップルなんじゃないかな。つきあってみたら意外と気が合う気がする。カヴァラドッシみたいなリベラルな男とうまくいくはずがない。
●「トスカ」にしても「マノン・レスコー」にしても「蝶々夫人」にしてもそうなんだけど、作者のヒロインに対するジワ~っとした悪意を感じる。なにかの復讐、かな。

facebook / twitter

facebook Twitter instagram

過去記事一覧

過去記事見出し一覧はアーカイブに。

月別 アーカイブ(まとめ読みに)

制作者

飯尾洋一(Yoichi Iio)

このサイトについて/プロフィール
since 1995.

ショップ

MyBlogList

shortcut

CLASSICA [HOME]
home
links
side_b