ドミノ・ピザ【PC向けサイト】
November 22, 2017

METライブビューイング「ノルマ」新演出

METライブビューイングの2017/18シーズンが開幕。シーズン最初の作品はベッリーニの「ノルマ」。デイヴィッド・マクヴィカーの新演出で、指揮はカルロ・リッツィ。ソンドラ・ラドヴァノフスキーが題名役、ジョイス・ディドナートがアダルジーザ役初挑戦、ジョセフ・カレーヤがポッリオーネを歌う。ここ数シーズンに自分が見たMETライブビューイングのなかでは一二を争う見ごたえのある舞台だった。
●なんといっても作品が持つ力が圧倒的。イタリア・オペラで愛と憎しみのアンビバレンスについてこれほど核心を突いた作品をほかに知らない。非常に大きくて重いテーマを扱った作品なんだけど、それにふさわしい奥行きの感じられる脚本があって、緻密で詩情豊かな音楽が添えられている。これを強力な歌手陣が歌えば、悲劇が悲劇として成立する。
●オペラって、しばしば悲劇が喜劇になっちゃうじゃないすか。この「ノルマ」だって、危険なところはあるんすよ。第1幕でポッリオーネがノルマとアダルジーザに鉢合わせする場面があるじゃないすか。つまり、二股をかけていたダメ男が、相手の女性ふたりにバッタリと会ってしまい、ぜんぶバレるという最悪最低に落ち着かない場面。当然修羅場になるわけなんだけど、あの鉢合わせするところで客席から少し笑いが漏れていたと思う。ワタシも笑った。ところが、そのままだとダメ男とダメ女のドタバタ劇になりかねないのが、なんと、第2幕では崇高な愛の形を描いた重厚な悲劇になっている! ズシリと心に響く結末でありつつ、観る人がいろんな解釈ができて、さまざまな可能性について思いを巡らさずにはいられない。つまり名作。もちろん、ベッリーニの音楽が傑出しているからなんだけど。
●METって五面舞台なんすね。舞台がエレベーターみたいな感じでガーッって上にあがると、下から別の舞台が出てくるんすよ! そうやって地上の世界と地下みたいな世界(大木の根っこの中?)、巫女であるノルマと母であり女であるノルマを描き分ける。大仕掛けだけど、スペクタクルのための仕掛けではなくドラマ上の必然が感じられるのが吉。ていうか、羨望。

November 21, 2017

ダニエレ・ガッティ指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

●20日はサントリーホールでダニエレ・ガッティ指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団。2016年秋に新たに第7代首席指揮者に就任したガッティと同楽団のコンビがツアーに選んだ2種類のプログラムはいずれもドイツ・オーストリア系のレパートリーで組まれていた。この日は前半にベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲(フランク・ペーター・ツィンマーマン)、後半にブラームスの交響曲第1番。
●この日、公演に先立って昼に開かれた記者会見はインターネットでも生中継されていた。ガッティと並んで登壇したヤン・ラース楽団事務局長によれば「楽員は25か国の出身者からなり、この数年間にメンバーの若返りも進み、優秀な若手奏者も加わっている。ソロ・ティンパニ奏者の安藤智洋さんもそのひとり」。1991年東京生まれ。この若さでコンセルトヘボウ管弦楽団のソロ・ティンパニ奏者とはすごい。この日はベートーヴェンといい、ブラームスといい、冒頭でティンパニが重要が役割を果たす曲が並んでいて、まるで凱旋公演のようだったのでは。特にブラームスでは、重い音、柔らかい音、硬質な音を細かく使い分けて存在感大。
●前半の主役はフランク・ペーター・ツィンマーマン。トゥッティの部分でも演奏に加わって、オーケストラのメンバーと盛んにコミュニケーションをとりながら、ときには思い切りアグレッシブな表現で熱量のある音楽を作り出す。つややかな音色も魅力。アンコールにバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番からアレグロ。後半のブラームスはガッティ節とでもいえばいいのか、かなり個性的なブラームス。ところどころたっぷりと念入りに歌う濃厚な表現が前面に出る一方で、全体の響きは剛健質朴とした感で、ヤンソンス時代とはずいぶんカラーが異なる。弦楽器の配置はヴァイオリンを左右に分けた対向配置で、コントバラスは上手側。前日の川崎公演のマーラーでは(ワタシは聴けなかったけど聞いた話では)コントラバスを下手に置き第1ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラ、第2ヴァイオリンと並べる最近大流行のマーラー時代の配置だったそう。そこまで細かく変えてどう違うのかはわからないが、ガッティのこだわりなのだろうか。ファゴットとクラリネットの配置が通常と逆なのはこのオーケストラではいつものこと。オーケストラのアンコールはなかったが、それでも終演は21時を過ぎていた。

November 20, 2017

ソヒエフ&N響のプロコフィエフ「イワン雷帝」

イワン雷帝●17日はNHKホールでトゥガン・ソヒエフ指揮NHK交響楽団によるプロコフィエフ(スタセヴィチ編)のオラトリオ「イワン雷帝」。ソヒエフとベルリン・ドイツ交響楽団の録音がソニーから出ているが、ライブではまったく聴いたことのない曲。これは貴重な機会。もともとエイゼンシテイン監督による映画「イワン雷帝」のためにプロコフィエフが書いた音楽を、作曲者の没後にアブラム・スタセヴィチがオラトリオに編曲した。東京混声合唱団(かなり大編成だったが)、東京少年少女合唱隊にメゾ・ソプラノのスヴェトラーナ・シーロヴァ、バリトンのアンドレイ・キマチが加わるという一大スペクタクル(独唱陣の出番が少なくてもったいない)。しかし、ソヒエフは大音響で圧倒しようというのではなく、響きのバランスを美しく保ちながら、ていねいに作品を彫琢するといった趣き。約70分、休憩なしでこの一曲のみだが、ボリュームは十分。
●で、今回の公演では語りとして歌舞伎俳優の片岡愛之助が起用されたのが大きな特徴。もともと映画音楽でありストーリー性はあるのだが、なじみの薄い題材だけあって曲だけ聴いていても、なかなかストンと腑に落ちない。そこに日本語の語りが入ることでイワン雷帝の人物像がはっきりと浮かび上がってくる。というか、これがもう身振り手振りも交えての思い切り芝居がかった語りで、ほとんど主役級の大活躍。この語りでずいぶん救われた気がする。エイゼンシテインが二代目市川左團次率いる一座によるソ連初の歌舞伎公演を観劇し、その影響として映画「イワン雷帝」に歌舞伎の所作を思わせるカットが多数用いられることになった、という歴史的経緯を念頭に今回歌舞伎俳優が起用されたということなのか。

November 18, 2017

東京オペラシティ B→C 周防亮介、W杯ロシア大会出場国決定

●14日は東京オペラシティのB→C(バッハからコンテンポラリーへ)で周防亮介の無伴奏ヴァイオリン・リサイタル。プログラムはシュニトケの「ア・パガニーニ」、バルトークの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、尹伊桑の「大王の主題」、バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番ハ長調、イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第5番ト長調。もっとも新しい作品でも1982年のシュニトケなので「コンテンポラリー」とはいいがたいのだが、しかしこのシリアスなプログラムは魅力的。無伴奏ヴァイオリンのためのレパートリーの豊かさを痛感する。切れ味鋭く、雄弁でスケールの大きなソロ。バルトークとかイザイとか、本当にうまい。アンコールはがらっと雰囲気を変えて、タレガ(R.リッチ編曲)の「アルハンブラの思い出」。ていうか、雰囲気変わりすぎ。
_____________
ワールドカップ2018ロシア大会の出場国がすべて決定。自分内下馬評を覆して、オーストラリアは北中米4位ホンジュラスとのプレイオフを勝ち抜いて出場権獲得。イタリア、オランダ、アメリカ、チリが敗退する一方、アジアは5カ国も出ててスマンって感じだが、でもイタリアだって仮にアジア予選を戦ったらそれほど簡単でもないんじゃないの、とも思う。

November 16, 2017

レオニダス・カヴァコス&エンリコ・パーチェ

●13日はトッパンホールでヴァイオリンのレオニダス・カヴァコスとピアノのエンリコ・パーチェ。前半にヤナーチェクのヴァイオリン・ソナタ、シューベルトの幻想曲ハ長調、後半にメシアンの「主題と変奏」、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第10番ト長調。シューベルトからメシアン、ベートーヴェンと続く「主題と変奏」プログラムという趣向。カヴァコスのヴァイオリンが最強に強まっている。恐ろしくパワフルで輝かしい音色、キレキレのテクニック、すさまじい集中力。メシアンでたっぷりとヴィブラートをかけて朗々と楽器を鳴らし切ると、ホールが響きで飽和してまるでオルガンを聴いているかのような気分になる。あと、ベートーヴェンの終楽章の変奏。各変奏の性格付けのコントラストが鮮やかで、こんなにエキサイティングに聴ける曲だったとは。アンコールにベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第8番の第3楽章、ドホナーニのハンガリー牧歌。
●カヴァコスってビジュアル的にもカッコいいんすよね。アキバ系とか言われがちだけど、あれは半歩先を行くオシャレ長髪&メガネ。そのうちみんなマネするようになる、きっと。
●自分の記憶ではカヴァコスの名が日本で最初に話題になったのは、BISレーベルにシベリウスのヴァイオリン協奏曲の知られざるオリジナル版を世界初録音したときなんだけど、あのころの写真を見るとまるっきりカッコよくない。加齢とともにカッコよくなったというべきか、オーラが発せられるようになったというべきか。
●最近の録音と若い頃の録音。

November 15, 2017

ベルギー代表vsニッポン@親善試合

ベルギー●ベルギーのヤン・ブレイデルスタディオンで開催された対ベルギー戦。デブライネとかルカクとかビッグクラブで活躍するタレントが並び、現在FIFAランキング5位に立つ最強国とアウェイで戦えるという貴重な機会。結果としては1対0でベルギーが勝利したのだが、内容的にはむしろアウェイでこれだけのクォリティで戦えるニッポンのたくましさのほうを感じた。先日のブラジル戦は永久に背中が見えない個の力の差を痛感し、前半で3失点してゲームが終わってしまったという試合だったが、このベルギー戦はまったく違う。拮抗した戦いのなかで前半をスコアレスで終え、後半に両チームが選手交代を繰り返して事実上のテストモードに入った終盤での1失点で敗れたにすぎない、ともいえる。負けたは負けたにはちがいないんだけど、希望が持てる。
●ニッポンのメンバーはGK:川島-DF:酒井宏樹(→酒井高徳)、吉田、槙野、長友-MF:山口、井手口、長澤和輝(→森岡亮太)-FW:浅野(→久保)、原口(→乾)-大迫(→杉本)。ポイントは長谷部の不在。本大会でも長谷部がいないケースは大いに考えられるが、その代役として長澤和輝が代表初出場。落ち着いたプレイぶりで、高いレベルの相手とも戦えることがわかって大きな収穫。中盤は底に山口、インサイドハーフに井手口と長澤という形で、ここはハリルホジッチ監督の考えが伝わる部分。かつてはこのポジションに香川が置かれたりしていたが、強い相手と戦うときはここに井手口や長澤のような対人プレイに強く、ボールを奪えて、運動量も豊富な選手が必要になってくる。中盤でボールを奪い、なおかつ奪った後にいかにミスなく前にボールを繋げるかが生命線。センターバックの吉田の相棒はここに来てベテラン槙野が定着の予感。守備陣はベルギー相手に非常に組織立った連動性を見せていた。攻撃陣では大迫のポストプレイは頼りになる。パスはよくつながるが、最後に強引にシュートに持ち込めるタレントがいないのが辛いところ。ベルギーもニッポンも相手にプレッシャーを精力的にかけ続ける緊迫感のあるゲームだったが、後半途中からはラインが間延びして大味な試合展開になってしまった。
●このメンバーでこれだけできるのなら、本田、香川、岡崎が本大会でもメンバーに選ばれない可能性は十分ありそう。
●で、ブラジル戦となにが違ってたんだろうか。たぶん、ブラジルはベルギーよりもずっと強かったというのが納得できる説明。ベルギーは世界最強クラスだが、実は今のブラジルはそのレベルすら超越する異次元の強さだった、ということ。一方、もうひとつの可能性としては、ブラジルが相手だとハリルホジッチもザッケローニやオシムあたりもたぶんみんな言ってきたように「相手をリスペクトしすぎる」。ニッポンはブラジルと戦うといつもとても脆いチームになる。しかし、ベルギーが相手だと善戦する。というか、実は今回初めて負けた。過去4回戦ってニッポンの2勝2分(そのうち1引分けはワールドカップだ)。かつてはベルギーは今ほど強くはなかったが、しかし2013年のアウェイの親善試合でもニッポンは勝っている。FIFAランキングとはまた別の強さのスケールがあるような気がしてしょうがない。

November 14, 2017

マレク・ヤノフスキ&N響のヒンデミット&ベートーヴェン

●11日夜はNHKホールでマレク・ヤノフスキ指揮NHK交響楽団。前半がヒンデミットの「ウェーバーの主題による交響的変容」と「木管楽器とハープと管弦楽のための協奏曲」、後半がベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」。東京・春・音楽祭で圧倒的なワーグナーを聴かせてくれたコンビが定期公演でも実現。
●断然おもしろいのはヒンデミットの「木管楽器とハープと管弦楽のための協奏曲」。ソリストがフルート(甲斐雅之)、オーボエ(茂木大輔)、クラリネット(松本健司)、ファゴット(宇賀神広宣)、ハープ(早川りさこ)という陣容。この曲、たぶん初めて聴いた。バロック音楽的というかコンチェルト・グロッソ的な意匠に、ヒンデミットの職人芸が醸し出す淡々とした運動性とユーモア、乾いたリリシズムが込められる。終楽章にメンデルスゾーンの「結婚行進曲」が織り込まれていて、作曲者から妻への銀婚式プレゼントになっているという趣向も、なんだか頑固オヤジが照れくさそうにやってるみたいな味わいがあって吉。うっすらと類似性を感じて、バルトークの「管弦楽のための協奏曲」とどっちが先なんだっけと思って調べてしまった。バルトークは1943年/45年改訂、ヒンデミットは1949年と少しだけ後。ひとつだけ惜しいのは、この曲はもっと小さな空間向けの作品なのかなとも思う、しょうがないけど。
●後半のベートーヴェン「英雄」は木管倍管編成。かつてのN響を思わすような重厚なサウンド。精悍で格調高く、緊密。

November 13, 2017

トリトン晴れた海のオーケストラ 第3回演奏会

●11日は第一生命ホールで「トリトン晴れた海のオーケストラ」第3回演奏会。矢部達哉コンサートマスターのもと、首都圏オーケストラの名手たちを中心とした指揮者を置かない室内オーケストラ。プログラムはオール・モーツァルトで、前半に「フィガロの結婚」序曲、オーボエ協奏曲(独奏:広田智之)、後半にセレナータ・ノットゥルナ ニ長調 K239、交響曲第39番。小気味よく精彩に富んだモーツァルトを満喫。このプログラムだと、前半に主役を務めたオーボエが後半ではお役御免になるんすね。代わって後半はティンパニ(岡田全弘)が大活躍。あれはバロック・ティンパニって呼んでいいんだろうか。セレナータ・ノットゥルナではセンターに配置されて両側のアンサンブルを司る。交響曲第39番でも第1楽章冒頭すぐにティンパニが鋭く楔のように打ち込まれて、一気に全体がひきしまった感。第3楽章のひなびたトリオでクラリネットが装飾を入れるのも吉。第4楽章で次第に音楽が白熱して、幸福感と高揚感で満たされてゆく様はまさにモーツァルトを聴く醍醐味。アンコールにディヴェルティメントK334の有名なメヌエット。
●いろんな表現の可能性がありうるモーツァルトで、指揮者を置かない。となると、みんなの共通認識にあるぼんやりとした平均値のモーツァルト、肉でも魚でもないモーツァルトになったらどうしようという心配があるわけだけど、このオーケストラではそれは杞憂。はっきりとした顔のあるモーツァルトになっている。じゃあ、それがだれのモーツァルトなのかっていうと、ひとまずはコンサートマスターのモーツァルトなのかなとは思うんだけど、それだけでもないはず。いろんなプレーヤーたちのアイディアなりスタイルなりが刺激しあって、ひとつの答えに到達するものなんだろう。でも、それって指揮者がいても同じことが言えるような気もする。指揮者がすべてを制御することは不可能だし、指揮者がいてもプレーヤー間で触発されて生まれる表現だっていくらでもあるだろう。場合によっては指揮者がいるのにオーケストラ側がハンドルを握ってしまうようなことだってなくもない。となると指揮者がいる/いないというのは視覚的には明確な違いだけど、音楽的にはいる/いないの境目は曖昧なものなのかも。
●トリトン晴れた海のオーケストラ、今後は2018年から2020年にかけて全5回でベートーヴェンの交響曲チクルスを開催するそう。第一生命ホールで「第九」ってスゴくないすか。

facebook / twitter

Twitter

過去記事一覧

過去記事見出し一覧はアーカイブに。

月別 アーカイブ(まとめ読みに)

制作者

飯尾洋一(Yoichi Iio)

このサイトについて/プロフィール
since 1995.

ショップ

国内盤は日本語で、輸入盤は欧文で検索。

MyBlogList

shortcut

CLASSICA [HOME]
home
links
side_b