amazon
February 27, 2024

死ぬるが增か 生くるが增か voice duo vol.4 工藤あかね、松平敬

●26日は、すみだトリフォニーホール小ホールで「死ぬるが增か 生くるが增か 」voice duo vol.4。前半は松平敬のバリトンによるクルターグの「ヘルダーリン歌曲集」(日本初演)、桑原ゆうの「葉武列土一段」(委嘱初演)、後半は工藤あかねのソプラノと松岡麻衣子のヴァイオリンによるクルターグ「カフカ断章」。クルターグ作品は小さな曲をアンコールなどで耳にすることはわりと多いけど、これだけまとまった作品を聴く機会はまれ。クルターグは1926年生まれだから、今年98歳。エリオット・カーターに続いて自分の生誕100周年を祝える作曲家になるか。
●「ヘルダーリン歌曲集」、全6曲のテキストの訳を読んでもなにを言っているのかわからないところがたくさんあるのだが、ひたすら声の極限的な表現に圧倒される。バリトンだけで演奏されるが、第3曲「形象と精神」のみ、村田厚生のトロンボーンと橋本晋哉のチューバが加わって、異質な世界を描き出す。感じるのは「畏れ」、かな。最後の「パラクシュ!パラクシュ!」という謎の叫びに戦慄する。桑原ゆうの「葉武列土一段」はシェイクスピアの「ハムレット」の文語訳がテキストに用いられている。当日になってようやく、公演タイトルの「死ぬるが增か 生くるが增か」が有名なセリフ「生きるべきか、死ぬべきか」のことだと気づく。ハムレットのセリフは、丶山仙士(←読めない)訳の「新体詩抄」、オフィーリアの歌は森鴎外訳。ハムレットの部分は、能の謡を連想させる。パラレルワールド日本の伝統芸能みたいな不思議な趣。
●後半、クルターグ「カフカ断章」は70分を超える長丁場ということで、滝に打たれる覚悟で臨んだのだが、全40曲のほとんどは短い曲であることと、意外にもテキストが共感可能なものなので、ヘルダーリンに比べればぐっと近づきやすい。カフカの断片的な言葉に曲が付けられているのだが、これが身につまされるようなダメ男感があって、たとえば「寝た、起きた、寝た、起きた、惨めな生活」とか「一瞬だけ無敵な気がした」とか、のび太君の一コママンガ劇場みたいな感じで、イジイジしていたりブラックだったりする。ぎりぎり文字が読める客席の照度だったので、ほとんど日本語訳と首っぴきで聴いたが、シリアスさのなかからしばしばふわりとしたユーモアが漂って来る。小さな曲の集合体だけど第2部は長めの一曲からできていて、ここのひりひりするような静謐さと緊張感が圧巻。全曲を一気に歌いきるのは相当にタフだと思うが、最後まですさまじい集中度。おしまいの第40曲を聴き終えて放心。

February 26, 2024

鈴木優人&BCJ×千住博 モーツァルト「魔笛」

●24日はめぐろパーシモンホール大ホールでモーツァルトのオペラ「魔笛」。Bunkamura35周年記念公演 ORCHARD PRODUCE 2024と銘打たれた公演で、主催はBunkamuraなのだが、会場はめぐろパーシモンホール。1200名収容のコンパクトサイズで、モーツァルトにはぴったり。以前にもここで読響公演を聴いたことがあるけど、都立大学駅から少し歩いた場所で環境もよい。ピットには鈴木優人指揮バッハ・コレギウム・ジャパン。演出は飯塚励生、美術は千住博。タミーノにイルカー・アルカユーレック、パミーナに森麻季、ザラストロに平野和、夜の女王にモルガーヌ・ヘイズ、パパゲーノに大西宇宙、パパゲーナに森野美咲、モノスタートスに新堂由暁、他。
●歌手陣は主役から脇役まで歌も演技も充実。特に印象的だったのは大西宇宙のパパゲーノと森麻季のパミーナ。パパゲーノはコミカルな役柄なんだけど、道化役に留まらない凛々しさ。パミーナは清澄、お姫様感100パーセント。パパゲーナの森野美咲は、少し前に出光音楽賞の受賞者ガラコンサートでリヒャルト・シュトラウスの歌曲を聴いたばかりなのだが、こんなにコメディも達者な人だったとは。オーケストラからは温かみのあるピュアなサウンド。前方席ではピットからの反射音があまり届かず、序曲の冒頭から「あれ?」とは思ったが、進むにつれて耳が慣れた。
●第1幕は、何枚も白布が吊るされて、そこにやわらかい色調の森の絵、動画などが投射されて幽玄なトーン。大蛇ではなく、渡辺レイと山本帆介のダンスが嵐となってタミーノを襲う。第2幕のザラストロ教団では雰囲気が一転、背景にはアルファベットの記号(ティッカー?)と刻々と変化する数字がびっしりと並んでおり、株式市況を思わせる。中央には三角形に「ザ」の一文字をかたどったシンボルがある(フリーメイソンのパロディなのか)。東京風の夜景が映し出されると、ビルに「ザラ建設」とか「ザラ森林開発」といったネオンが光っている。数字のモチーフは随所に使われており、どうやらザラストロ教団はビジネスに熱心なようだ。最後の場面は昼と夜の両勢力の和解で終わるという演出。夜の女王とパミーナは母娘の絆を取り戻す。
●もともと「魔笛」はストーリーに難があって、そのわかりづらさの説明として「前半と後半で善玉と悪玉が入れ替わる」と書かれることが多いのだが、本質的にはザラストロのような男尊女卑の価値観と、絶対的な賢者が集団を束ねて教徒に試練を強いる集団を、わたしたちが「正義」として受け入れることができないことが要因なんだと思う。命をかけた試練の報酬が妻だというのもね……。そんな集団にころっと主人公タミーノが洗脳されてしまってどうしようもないのだが、パパゲーノだけは正気を保っていて、死にたくないけど食べたいし飲みたいしモテたいという人間としてまっとうな欲求を抱えている。こういう台本作家の側とわれわれの側の間にねじれがあるところが、むしろ古典の条件なのかなとよく思う。解釈の多様性を生み出すというか。
●以前、ONTOMOにも書いたけど、パパゲーノのような鳥刺しは社会の最底辺の存在だったそう。モーツァルトのオペラでは「フィガロの結婚」でも「ドン・ジョヴァンニ」でも貴族と平民といったように階級差が描かれているが、シカネーダーの一座のために書かれた「魔笛」の場合は、観客よりも下の階層として鳥刺しが登場するのだなと思った。

February 22, 2024

新国立劇場 2024/2025シーズンラインアップ説明会

新国立劇場 2024/2025シーズンラインアップ説明会
●21日は新国立劇場の2024/2025シーズンラインアップ説明会。例年であればオペラ、バレエ&ダンス、演劇の3部門が同時に開催されるのだが、今年はオペラが独立した形で開催。なので、登壇は大野和士オペラ芸術監督のみ。会場は劇場のホワイエ。24/25シーズンのラインアップは新制作3演目とレパートリー6演目で、合計9演目41公演。23/24シーズンはおもに経済的な事情により新制作は2演目に留まったわけだが、24/25シーズンは3演目に戻ることになった。ほっ。新制作の演目はベッリーニ「夢遊病の女」、ロッシーニ「ウィリアム・テル」、そして委嘱作の世界初演となる細川俊夫「ナターシャ」。
●大野監督が就任当初から力を入れたいと話していた路線のひとつがベルカント・オペラ。新国立劇場初上演となる「夢遊病の女」がラインアップに入った。テアトロ・レアル、バルセロナ・リセウ大劇場、パレルモ・マッシモ劇場との共同制作で、22年にマドリッドで初演されている。バルバラ・リュックの演出、マウリツィオ・ベニーニの指揮。アミーナ役はMETなどでも活躍中の新星ローザ・フェオーラ、エルヴィーノ役はスター、アントニーノ・シラグーザ。
●ロッシーニ「ウィリアム・テル」の原語による舞台上演は日本初なのだとか。ロッシーニの最後のオペラとして言及される機会は多いが、序曲ばかりが有名で、実際に舞台で目にする機会はまれ。ただ、かなり長くて、4時間くらいかかる。どれくらいまで短くできるか、他の劇場のカットも参考にしつつ、ここは切れるんじゃないか、でもここは切ってはいけないんじゃないか……と議論しながら、新国立劇場バージョンを作ったのだとか。ヤニス・コッコス演出、大野和士指揮。題名役はこの役を各地の劇場で歌っているゲジム・ミシュケタ。ほかにルネ・バルベラ、オルガ・ペレチャッコらの歌手陣。
●細川俊夫「ナターシャ」では、台本を多和田葉子が手掛ける。多和田葉子はドイツを拠点に活動し、しばしばノーベル文学賞候補にも挙げられる作家。今回の作品は日本語、ドイツ語、ウクライナ語ほかによる多原語上演。故郷ウクライナを追われた移民ナターシャが日本人青年と出会い、ふたりは謎めいたメフィスト的な存在によって現代の地獄へと誘われるが……といった筋立てが紹介された。国際的にも注目を集めそうなプロダクション。
●レパートリー公演は「魔笛」「さまよえるオランダ人」「フィレンツェの悲劇&ジャンニ・スキッキ」「カルメン」「蝶々夫人」「セビリアの理髪師」。アレックス・オリエ演出の「カルメン」は、初演時にコロナの感染対策上、さまざまな演出上の制約があったが、今回は制約なしの演出に練り直すという。演出家も来日するということなので、再演ながらもこれが本来の姿ということになりそう。
英国 オペラ誌 2024年2月号●ラインアップの説明に先立って、大野監督が最初に嬉しそうに紹介してくれたのは イギリスのOpera誌の2月号の表紙。このように新国立劇場の「シモン・ボッカネグラ」の舞台が表紙になっている。世界的アーティストであるアニッシュ・カプーアの装置が話題を呼んだ公演で、フィンランド国立歌劇場およびテアトロ・レアルとの共同制作により新国立劇場が最初に上演したプロダクション。雑誌の表紙を飾るのはインパクト大。新国立劇場の国際的なプレゼンスが増していることを実感する。

February 21, 2024

東京芸術劇場コンサートオペラ vol.9 オッフェンバック「美しきエレーヌ」

東京芸術劇場 美しきエレーヌ
●17日は東京芸術劇場コンサートオペラ vol.9 オッフェンバック「美しきエレーヌ」へ。演奏会形式ながら、日本ではほとんど上演されないオペレッタなので貴重な機会。というか、プロフェッショナルな公演としてはおそらく日本初演となる模様。演奏会形式といっても独自の構成による演出が施され、衣装も演技もあり。辻博之指揮ザ・オペラ・バンドとザ・オペラ・クワイア、エレーヌ役に砂川涼子、パリス役に工藤和真、メネラオス役に濱松孝行、アガメムノン役に晴雅彦、オレステス役に藤木大地、台本・構成演出は佐藤美晴。語りは声優の土屋神葉。歌唱は原語、台詞は日本語というスタイルで、もっぱら語りがストーリーを進める。
●まず、土屋神葉の語りの芸達者ぶりがすごい。声優ってこんなことができちゃうんだという驚き。コミカルな調子でナレーションを務めつつ、要所要所で声色を変えて各役の台詞もこなす。この軽やかさはオペラ歌手だけでは実現できない領域。歌手陣は砂川涼子による可憐なエレーヌ、工藤和真のヒロイックなパリスが印象的。オーケストラの編成はコンパクト。N響メンバーが多く、くっきりとして整ったサウンドで、歌とのバランスもよい。演出もスマート。安心して観ていられる。
●と、個々の要素は高水準だったと思うのだが、これで「美しきエレーヌ」という作品を十分に味わえたかというと、そこは悩むところ。特に序盤は語りの分量が多く(めちゃくちゃうまいのだが)、もっとたくさん音楽を聴きたいんだけどな……というもどかしさも。それと、風刺やパロディといった要素を公的な劇場でどう扱えば正解なのか、ということも考えさせられたかな。なんにも毒気がないのもどうかと思うけど、かといって、センスのない風刺ほど寒いものはないわけで。
●ともあれ、このシリーズ、いつもチャレンジングな演目で、この劇場に欠かせない名物企画になっていると思う。今回、客入りは寂しかったのだが、芸劇の企画って、全般にコツコツ当ててくるというよりはブンブン振り回してくる思い切りの良さがあって、そこが好き。

February 20, 2024

大井浩明の「Schubertiade von Zeit zu Zeit シューベルトの時の時」第4回

●16日夜は松涛サロンで大井浩明のフォルテピアノ。「Schubertiade von Zeit zu Zeit シューベルトの時の時」と題された全5回シリーズの第4回で、フォルテピアノによるシューベルト・シリーズ。毎回、シューベルト作品に加えて、フォルテピアノのための現代作品の初演も含まれる。使用楽器はタカギクラヴィア所蔵のヨハン・クレーマー(1825年ウィーン/80鍵/4本ペダル)。第4回のプログラムは、前半にシューベルトのソナタ第8番嬰へ短調D571(R.レヴィンによる補筆完成版/日本初演)、3つのクラヴィア曲D946、ソナタ第16番イ短調D845、後半に南聡の「帽子なしで a Capo Scoperto」Op.63-4(世界初演)、ソナタ第20番イ長調D959。ぱっと見、すごく長いプログラムなのかと身構えてしまったが、最初のソナタ第8番補筆完成版が約8分、南聡の新作が約5分ということで、通常の範囲。
●フォルテピアノ、録音を通して聴くのは容易になったけど、現実には演奏会でソロを耳にする機会はすごく限られているし、機会が増えているという実感もない。今までフォルテピアノでシューベルトを聴いたことがあったかどうか。なので、楽器の音色や機能がもたらす印象が鮮烈。モダンピアノの音色表現が連続的なグラデーションをなすとすれば、フォルテピアノはもっと離散的というか、音域ごとの音色の違いやペダル機能が劇的な変化をもたらす。加えて、楽器の筐体。工業製品であるモダンピアノの堅牢性に比べるとはなはだ華奢に見える。にもかかわらず、最強奏時の突き抜けるような響きは衝撃的。楽器の限界ぎりぎりなんじゃないかと心配になるほどなのだが、そんな慄きが作品世界と呼応していたのがソナタ第20番。端然とした造形のシューベルトだがきわめて劇的。圧巻。
●アンコールにシューベルトのソナタ「グラン・ドゥオ」D812第4楽章の独奏版(というのがあるのだとか)。トークでこの曲とブラームスのピアノ五重奏曲終楽章との類似性などの話があって、客席がほっこり。

February 19, 2024

久石譲指揮新日本フィルのモーツァルト、ストラヴィンスキー

●16日昼は、すみだトリフォニーホールで久石譲指揮新日本フィル。平日昼間の公演だがチケットは完売。プログラムは前半に久石譲作曲の I Want to Talk to You - for string quartet, percussion and strings ‒(日本語表記は見当たらず)、モーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」、後半にストラヴィンスキーのバレエ音楽「春の祭典」。なのだが、些細なアクシデントが原因で遅刻してしまい、一曲目を聴き逃してしまった……。なんという失着。いちばんの聴きものの自作自演だったのに。かなり気落ちしてしまう。が、2曲目のモーツァルトの「ジュピター」はそんな落ち込んだ気分を吹き飛ばしてくれるような快演。速めのテンポできびきびと進む筋肉質でエッジの立ったモーツァルト。今の時代のモーツァルトだと感じる。第1楽章の最初の一音から気迫が伝わってくる。休憩後の「春の祭典」も推進力があって、パワフル。重量感のある響きを押し出しながら、一気呵成に突き進んだ。
●以前、DGのステージプラスで久石譲指揮ウィーン交響楽団のライブを観た話を書いたが(参照)、そのときはオール自作プログラムで交響曲第2番、ピアノの弦楽器のための「ムラーディ」(青春)、交響組曲「もののけ姫」他というプログラムだった。6月に久石譲はシカゴ交響楽団でも自作プログラムを指揮するそうで、そちらは交響曲第3番「メタフィジカ」と「ハウルの動く城」より交響的変奏曲「人生のメリーゴーランド」、交響組曲「もののけ姫」というプログラム。純音楽作品と映画音楽の組合せになっている。

February 16, 2024

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2024 記者会見

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2024 記者会見
●15日、東京国際フォーラムでラ・フォル・ジュルネTOKYO 2024の記者会見が開催された。昨年、4年ぶりに復活を果たしたラ・フォル・ジュルネだが、今回は昨年よりも本来の形に近づいた開催となる。具体的には地上広場キオスクステージおよびホールEのキオスクコンサートが復活する。昨年はがらんとして寂しい雰囲気があったが、これら無料コンサートの復活でフェスティバル感は戻ってきそう。もうひとつ、室内楽を中心とするG409の公演も開催されることになった。これで有料公演の会場はホールA、C、D7、G409の4か所に。有料公演は全90公演。ホールB5ではマスタークラスが開催される。
●音楽祭の主催は昨年と同様、ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2023運営委員会(三菱地所株式会社/株式会社東京国際フォーラム/株式会社KAJIMOTO)。アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタンが来日して記者会見に登場、今年の見どころなどを語ってくれた。今回のテーマは「ORIGINS(オリジン)──すべてはここからはじまった」。音楽のオリジンに立ち返る。というと、いろんな意味に受け取ることができるわけだが、主だったところでは、諸民族の伝統に触発された国民楽派、ソナタや四重奏曲、協奏曲などといった楽曲形式の変遷、楽器の起原あたりがキーワードのようだ。すでに有料公演のタイムテーブルが公開されている。

February 15, 2024

アジアカップ2023カタール大会決勝ふりかえり カタールに3度のPK

●今さらながら振り返っておくが、アジアカップ決勝は大方の予想通り、開催国カタールがヨルダンを下して連覇を成し遂げた。カタール 3-1 ヨルダン。スコアだけを見たら「ああ、順当な結果だね」でおしまいだが、中身はそうでもない。なにしろカタールの3ゴールはすべてPK。アフィフがPKだけでハットトリックを達成した。そんな形で開催国が優勝してしまうとは。なんとも白けた決勝戦になってしまった。後半はヨルダンが攻め込んで優勢だったのだが。
●もちろんVARはあった。が、3回のPKの判定はかなり微妙だ。1回目のPKは、倒れたアフィフにシミュレーションでイエローカードが出てもおかしくない。2回目は肉眼ならPKは出ないだろうが、VARを厳密に適用すればPKになるかもしれない(でも故意にもらいに行っただけと判断されても納得できる)。3回目はファウルの場面以前にオフサイドがあったと思うし、ファウルの場面もアフィフがキーパーに自ら突進して倒れただけのように見える。この日の主審の判定を基準とするなら、サッカーはゴールを目指すよりもペナルティエリア内でより多く倒れるほうが優位な競技として再定義されそうだ。どんどんアジアの競技水準は上がっているけど、変わらないところは変わらない。
●われわれは追いついているのか、置き去りにされているのか。それがよくわからなくなった大会だった。

facebook / twitter

facebook Twitter instagram

過去記事一覧

過去記事見出し一覧はアーカイブに。

月別 アーカイブ(まとめ読みに)

制作者

飯尾洋一(Yoichi Iio)

このサイトについて/プロフィール
since 1995.

MyBlogList

shortcut

CLASSICA [HOME]
home
links
side_b
amazon