amazon
June 14, 2024

バッハ・コレギウム・ジャパン コラールカンタータ300年プロジェクトII

●13日は調布市文化会館たづくり「くすのきホール」でバッハ・コレギウム・ジャパン。全10回にわたるコラールカンタータ300年プロジェクトの第2回。指揮は鈴木雅明、ソプラノに松井亜希、アルトに久保法之、テノールに櫻田亮、バスに加耒徹。プログラムはバッハのカンタータ第93番「愛するみ神にすべてを委ね」、カンタータ第94番「私はこの世になにを求めよう」、カンタータ第101番「私たちから取り去ってください、主よ、まことの神よ」、カンタータ第10番「わが魂は主を崇め」。当初発表されていた曲順は10番、93番、94番、101番だったのだが、上記のように変更。この4曲だとおしまいはいちばんドラマティックな101番が来そうなものだけど、10番で終わる形に変更したのはどうしてなんでしょ。
●どの曲も聴きごたえ大だけど、とくに印象に残るのは第101番。この曲って冒頭の合唱からただ事ではない雰囲気で、心がざわざわする。ダークサイドに一歩踏み込んでいるというか。第6曲のソプラノとアルトの二重唱がすごい。二重唱なのに歌手が定位置のまま始まって、しばらくフラウト・トラヴェルソとオーボエ・ダ・カッチャ(「ターユ」って言うの?)のためのコンチェルトみたいになる。これが絶妙の音色の組合せでゾクゾクする。で、曲の途中で歌手ふたりが歩いてきて前に立って二重唱を歌う。これが絶美。最後にまたトラヴェルソとオーボエが帰ってくる。器楽と声楽、一粒で二度おいしい。
●カンタータ第10番は第4曲のバスのアリアがおもしろい。「高き者は低くされ、低き者は挙げられる」って言うんだけど、なんだかユーモラスでかわいい。第5曲のアルトとテノールの二重唱とコラールでは、コルネット(ツィンク)の音色がインパクト抜群。警鐘を鳴らしているみたいだなと思った。
●会場がいつものオペラシティとちがって調布のくすのきホール。コンパクトな空間でかなりぜいたく。

June 13, 2024

「近衛秀麿の手形帖 マエストロの秘蔵コレクション」(近衛音楽研究所監修/アルテスパブリッシング)

●なんだかスゴい本が出た。「近衛秀麿の手形帖 マエストロの秘蔵コレクション」(近衛音楽研究所監修/アルテスパブリッシング)。いったいこれはどういう人が買うのだろうか。日本楽壇の父、近衞秀麿が戦前から最晩年にわたるまでに集めた大音楽家たちの手形コレクションが原寸大・オールカラーで収められている。交流のあった音楽家たちに手形帖を渡して、そこに手形とメッセージを残してもらったというのだが、そのラインナップが半端ではない。フルトヴェングラー、ストコフスキー、クレンペラー、コルトー、シャリアピン、エーリッヒ・クライバー、ストラヴィンスキーなどなど。
●手形っていうのは手の輪郭をペンでなぞったものなんだけど、みんな手がでかい。フルトヴェングラーもストコフスキーも大きい。クレンペラーとかピアティゴルスキーなんて、びっくりするほどでかい。シゲティも。いや、これはワタシの手が手が小さいから、そう思うのか。小さいのはオーマンディ。ワタシと変わらない。珍しいところでは、映画にもなった女性指揮者の草分け、アントニア・ブリコが入っている(映画「レディ・マエストロ」)。会ってたんだ、近衞秀麿。
●ストラヴィンスキーはどうかなと思ったら、左手の人差し指しか書いてくれてない。性格悪いぜ。

June 12, 2024

ニッポンvsシリア@ワールドカップ2026 アジア2次予選

ニッポン!●ワールドカップ2026のアジア2次予選最終戦はホームでのシリア戦。すでに最終予選進出を決めているニッポンにとってはさまざまなテストをするチャンス。予想通り、前節ミャンマー戦から先発を9人入れ替え、スタートの布陣は3バック。3-4-2-1というか3-2-4-1というか、ウィングバックが高いポジションをとる攻撃的な3バック。この2連戦で森保監督が掲げたテーマ。
●どちらかといえば、この日のチームがAチーム、ミャンマー戦がBチーム。エディオンピースウイング広島での開催で、森保監督にとっては広島への凱旋。キーパーは地元広島の大迫。3バックに冨安、板倉、町田が並び、ボランチに遠藤航と田中碧、ウィングバックは左に中村敬斗、右に堂安。両サイドとともフォワード調の選手を入れて、サイドバック型の選手がいない。これに2シャドーの形で南野と久保、ワントップに上田綺世。かなり攻撃的。攻めれば強いが、守勢に回れば脆そう。が、序盤から一方的にニッポンが攻め続けて、スペクタクルの連続。前半13分、中村のドリブルで左サイドを崩して、クロスに上田が頭で合わせて先制。さらに19分、堂安の個人技で2点目。22分に久保のスルーパスが相手の足に当たってオウンゴール。あっさりと3点のリードを奪って、試合は決まった感。前線の選手たちのパス回しがスムーズ、ドリブル突破も効果的。
●シリアの監督はアルゼンチン出身の往年の名匠クーペル。かつてインテルミラノやバレンシア、マジョルカ(大久保嘉人が在籍していた頃)で指揮を執っていたが、その後は各地を転々としていたようで、以前、ウズベキスタン代表監督としてニッポンと対戦したこともあった。今回のシリア代表の先発メンバー11人中、なんと6人がアルゼンチン出身の選手なのだとか。風貌も名前も中東らしくない選手が多数。多様なルーツを持った選手が集まるのは今やどこの国の代表でも普通のことだが、これは多様性というよりは、むしろアルゼンチン色という均一性に傾いている。
●後半、森保監督は3バックから慣れた4バックに変更。前の試合に続いての先発になった中村敬斗を下げて、伊藤洋輝を投入して、バックラインが冨安、板倉、町田、伊藤に。遠藤がアンカーに入って4-1-4-1。前半に比べるとボールが回らなくなったが、どうなのかな、こちらのほうが守備はできると思う。前半の3バックは強い相手に機能するのかどうか。その後、鎌田、相馬、川村拓夢、キーパーの谷晃生を投入。最近、森保監督にサイドバック扱いされている相馬だが、この日は左サイドのアタッカーとして躍動、運動量も豊富で攻守にわたって活躍。自らが得たPKを自分で決めて4点目。これはぜったいに自分で蹴るという決意を感じた。終盤に南野も決めて、ニッポン 5-0 シリア
●これでシリアは3位に沈み、代わってミャンマーに勝った北朝鮮が2位で最終予選進出。1試合、試合放棄しているのに2位とは。別のグループに目を向けると、中国とタイが勝点でも得失点差でも並んでいたが、当該チームの成績で中国が2位で最終予選進出。そもそも最終予選に進出する国が18か国もあるので、ここからが本番という気も。この予選形式、もう少し簡潔にならないものかとは思う。

June 11, 2024

原田慶太楼指揮NHK交響楽団、反田恭平のオール・スクリャービン・プロ

原田慶太楼指揮NHK交響楽団
●8日はNHKホールで原田慶太楼指揮N響。ソリストは反田恭平。オール・スクリャービン・プロ、しかも有名曲は一曲も含まれていないのに、あの巨大なNHKホールが完売(しかも2公演ある)。客席の雰囲気もいつもと少し違う。N響定期ではいつも男性トイレに長い列ができるのだが、珍しく女性側に長蛇の列。今、女性たちの間で熱いスクリャービン・ブームが!(違う)
●曲は「夢想」、ピアノ協奏曲嬰ヘ短調、交響曲第2番ハ短調。どれも若き日の作品で、神秘主義者スクリャービンとしての面妖さには至らず、ロマンティック。最初の「夢想」は5分足らずの簡潔な初期作。ピアノ協奏曲はまだショパンへの憧れが前面に出ているのだが、終楽章の爆発ぶりは圧倒的。反田恭平のピアノは輝かしく、パワフル。巨大空間に埋もれない。強烈なフィナーレの後、ソリスト・アンコールは一転して優しくグリーグの「トロルハウゲンの婚礼の日」。ほのぼの。休憩中に「スクリャービンに感激して涙が出た」と語っているお客さんの声が耳に入ってきた。反田さんはN響とは以前にターネイジのピアノ協奏曲も弾いてくれたし、昨年は兵庫のPACオケとブリテンのピアノ協奏曲を弾いてるし、スターになってもなかなか聴けない曲に取り組んでくれるのがありがたい。そういえば初めて反田さんの演奏を聴いたのは、まだ学生の頃のスクリャービンだった……。
●で、メインがなんとスクリャービンの交響曲第2番なのだが、この曲、めったに聴けなさそうでいて案外聴ける曲でもある。そういう意味では隠れた人気曲なのかも。N響だとパーヴォ・ヤルヴィ指揮でも聴いた記憶。そのときは切れ味の鋭さが印象に残ったけど、今回はねっとりとした情念の表出が聴きもの。前にも書いたかもだけど、この曲、途中で小鳥のさえずりがあって、その後で嵐があって、嵐の後に歓喜が訪れるのがベートーヴェン「田園」風。1901年の作曲だから、マーラーでいえば交響曲第5番の頃。

June 10, 2024

ヴォーチェ弦楽四重奏団 サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン

サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン 2024●7日はサントリーホールのブルーローズで、チェンバーミュージック・ガーデン。「カルテット with...」というシリーズ企画の一夜で、ヴォーチェ弦楽四重奏団とメゾ・ソプラノの波多野睦美が出演。弦楽四重奏+αの多彩なプログラムが魅力。前半がドビュッシーの弦楽四重奏曲、イヴ・バルメールの「風に舞う断片」日本初演、後半がドビュッシー(バルメール編曲)の「抒情的散文」より(ソプラノと弦楽四重奏用編曲)日本初演、ラヴェルの弦楽四重奏曲。ドビュッシーとラヴェルの名曲の間にフレッシュな作品がはさまれるという構成。
●ヴォーチェ弦楽四重奏団のメンバーはコンスタンス・ロンザッティ、セシル・ルーバン、ギヨーム・ベケール、アルチュール・ユエル。当初発表からチェロ奏者が変わり、さらにヴァイオリンのサラ・ダイヤンが体調不良のため元ディオティマ弦楽四重奏団のコンスタンス・ロンザッティが代役を務めた。全員譜面台にタブレットを置いて演奏。
●現代のフランスの作曲家、バルメールの「風に舞う断片」はまさに題名通りの風に舞うような曲で、とくにドビュッシー風ではないのだが、その遠い延長上にあっておかしくない曲。モダンではあるけど、聴きやすい。これが白眉だったかも。作曲者臨席。「抒情的散文」も洗練された味わい。ドビュッシーとラヴェルは鋭利でクリア、いくぶんビターテイスト。両曲ともすごい傑作だと改めて感じるけど、ふたりとも弦楽四重奏曲は一曲しか残していない。ベートーヴェンみたいに16曲とは言わないが、3曲ずつくらい書いてくれてもよかったのに。アンコールにふたたび「抒情的散文」より第4曲「夕べ」。

June 7, 2024

ミャンマーvsニッポン@ワールドカップ2026 アジア2次予選

ミャンマー●北朝鮮の不戦敗もあり、早々にワールドカップ最終予選進出を決めたニッポン。今回はアウェイのミャンマー戦。ミャンマーはこのグループでは最下位に沈んでいるが、アウェイでの対戦は未知数。森保監督はこの試合で戦術的なオプションとして攻撃的な3バックに挑戦。新しい選手、久々の選手も使った。今までの連戦パターンを考えると、たぶん11日のホームでのシリア戦がAチーム、こちらがBチーム相当なのかも。消化試合だけど日テレが中継してくれた。ありがたし。
●布陣は3-4-2-1というか、3-4-3というか。メンバーはGK:前川黛也、DF:橋岡大樹、谷口彰悟、伊藤洋輝-守田英正、旗手怜央(→川村拓夢)-鎌田大地(→前田大然)、堂安律(→鈴木唯人)-菅原由勢(→相馬勇紀)、中村敬斗-FW:小川航基。3バックにして、左右のウィングバックが左に中村、右に菅原という形で、かなり左のポジションがワイドで高め。というか、菅原が下がったらいつもの4バックとまったく変わらない。実際、前半はかなり攻撃が左サイドに偏る形に。
●ミャンマーは5バックで守りを厚くし、カウンターを狙う形だが、ほとんどカウンターも発動せず。ニッポンが攻め続けて、前半に中村、堂安、後半に小川、小川、中村とゴールを奪った。ミャンマー 0対5 ニッポン。こうして見ると小川が大活躍だが、前半はほとんどゲームに加われず、後半に相馬の完璧なクロスボールに頭で合わせてから、ようやく機能し始めた感。正直、フィットしてない。圧巻は中村敬斗で、左サイドが無双状態。恐るべきシュート精度。
●鎌田大地は所属チームのラツィオ(もう去ることになったが)で覚醒し、好調の様子。守田は相変わらず頼りになる。キーパー前川はようやく代表初先発。途中から入った選手では前田大然のスピードとバイタリティが驚異的。相馬勇紀は久々だが、ポルトガルの所属チームでは活躍しているらしい。今回は右のウィングバックで、以前にサイドバックでも使われたように、森保監督はユーティリティプレーヤーとみなして起用している。
●この日のミャンマーは蒸し暑かったみたい。前半35分くらいで、すでに体力を温存するようなボール回しが目立ってきて、ニッポンよりも先にミャンマーのほうが足が重くなっていた。後半のミャンマーはもういっぱいいっぱいだったのでは。プレスをかけられないので、ニッポンはずっと余裕を持ってボールを持っていられた。引いた相手を崩すというよりは、高温多湿のゲームのテストになっていたかも。

June 6, 2024

小菅優プロデュース「月に憑かれたピエロ」 サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン

サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン 2024●5日はサントリーホールのブルーローズで、小菅優プロデュース「月に憑かれたピエロ」。6月1日に開幕したサントリーホール チェンバーミュージック・ガーデンの一公演で、強力メンバーがそろった。メゾ・ソプラノにミヒャエラ・ゼリンガー、ピアノに小菅優、ヴァイオリン&ヴィオラに金川真弓、チェロにクラウディオ・ボルケス、フルート&ピッコロにジョスラン・オブラン、クラリネット&バス・クラリネットに吉田誠。
●目当てはもちろん後半のシェーンベルク「月に憑かれたピエロ」だが、前半もかなり楽しんだ。会場が真っ暗な状態で静かに出演者たちが登場し、どうしたのかなと思ったら、クラリネットが客席の間を歩きながら、ストラヴィンスキーのクラリネット独奏のための3つの小品より第1番を演奏。舞台に上がると、そのまま続けて、ストラヴィンスキーの「シェイクスピアの3つの歌」へ。独唱、フルート、クラリネット、ヴィオラのための作品。「ピエロ」と結びつきを感じる。続くラヴェルの「マダガスカル島民の歌」は、やはり編成が特殊で、独唱、フルート、チェロ、ピアノ。たぶん、録音でしか聴いたことがなかった曲かも。第2曲「アウア!」で島民が白人に向ける向ける怒りと不信が強烈。こんな曲だったのか。前半のおしまいは、ベルクの室内協奏曲第2楽章アダージョのヴァイオリン、クラリネット、ピアノのための編曲版。作曲者自身の編曲で、これもたぶん初めて。「ピエロ」とのつながり以上に、官能性の豊かさを堪能。
●後半、「月に憑かれたピエロ」はゼリンガー(ゼーリンガー)が衣装とメイクをピエロに寄せて登場。表情や身振りも含めて、まさに歌いながら演じるというピエロ感。すっかり手の内に入った作品を楽しんで歌っている様子。アンサンブルは緻密。洗練されており、「ピエロ」の妖しい世界を描きつつも、ほとんどさわやかといっていいほど。小ホールなので字幕はないのだが、各曲の対訳が配られていて、これが大いに役立った。めくりやすく読みやすく組まれていて、照明も暗すぎず、配慮を感じる。ありがたい。
●詩のなかで、ピエロのカサンドロいじめがひどい。ヴィオラを弾いていた弓で、カサンドロの禿げ頭を夢見心地で弾く(第3部 セレナード)。情景を頭に思い浮かべると、かなりおかしい。
月に憑かれたピエロ
●おまけ。AI画伯DreamStudioさん作、Pierrot in the Moonlight。

June 5, 2024

東京国立近代美術館 TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション

●東京国立近代美術館の「TRIO パリ・東京・大阪 モダンアート・コレクション」へ(~8/25)。パリ市立近代美術館、東京国立近代美術館、大阪中之島美術館という三都市の美術館のモダンアート・コレクションから、共通性のあるテーマを持った作品でトリオを組んで構成するという企画展。3分の1は自前のコレクションでできるわけで、パリが入ってるけど大阪も入っていてけっこうドメスティックなわけだが、過剰に混雑しないのはありがたし。来場者の半分以上は非アジア系。ワタシは東京でこの美術館がいちばん好きなんだけど、観光客が楽しめるタイプのミュージアムではないような気も。

松本竣介「並木道」

ユトリロ「モンマルトルの通り」

佐伯祐三「レストラン(オテル・デュ・マルシェ)」
●上の3枚は「都市の遊歩道」というテーマに添ったもの。上から、松本竣介「並木道」、ユトリロ「モンマルトルの通り」、佐伯祐三「レストラン(オテル・デュ・マルシェ)」が並ぶ。それぞれ東京、パリ、大阪のコレクション。

菅野聖子の「フーリエ変換(プロコフィエフ 束の間の幻影)」
●これは大阪中之島美術館のコレクションで菅野聖子の「フーリエ変換(プロコフィエフ 束の間の幻影)」。フーリエ変換やプロコフィエフの「束の間の幻影」がどう作品と関連しているのかはよくわからないのだが、レトロモダンなカッコよさ。プロコフィエフよりも、むしろ連想するのはBISレーベルのシュニトケのジャケ。

facebook / twitter

facebook Twitter instagram

過去記事一覧

過去記事見出し一覧はアーカイブに。

月別 アーカイブ(まとめ読みに)

制作者

飯尾洋一(Yoichi Iio)

このサイトについて/プロフィール
since 1995.

MyBlogList

shortcut

CLASSICA [HOME]
home
links
side_b
amazon